【え、ピッチャー?】早実・野村大樹が投手登板、球速は最速135キロ(沖縄・美里工戦)

早実・野村大樹が投手登板(沖縄・美里工戦)

f:id:summer-jingu-stadium:20170529185654p:plain

早実の不動の4番打者「野村大樹(たいじゅ)」、逆転の早実を形作っているのはこの男の活躍があってこそです。野村は普段は3塁手でプレーしていますが、17年春以降、時々「投手」として活躍することがあります。527日の沖縄での招待試合「美里工」戦では、8回からリリーフ登板し、2回を無失点に抑えました。

「スポンサーリンク」

【目次】記事のあらすじ