高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【ついに決定】高校野球・島根大会2017の組み合わせ日程表・開幕・決勝戦の日程。優勝候補は石見智翠館か。

高校野球・島根大会の組み合わせ抽選会・開幕・決勝の日程

f:id:summer-jingu-stadium:20170617174120p:plain

夏の全国高校野球大会・島根大会2017の日程が決まりました。組み合わせ抽選会は6月17日、開幕は7月15日、決勝戦は7月26日午後1時試合開始となります。

 

記事の目次

 

f:id:summer-jingu-stadium:20170531160504p:plain

【広告】

 

島根大会・高校野球・優勝候補は?

春季大会では石見智翠館が優勝。大社を42で破り、6年ぶり7回目の優勝となりました。3位決定戦では、益田東が浜田を71で下しました。この4チームが優勝候補と挙げられるでしょう。

 

島根大会の展望、石見智翠館、投打に安定(朝日新聞)

 春の県大会を制した石見智翠館を中心に、大社、益田東、浜田が絡む展開が予想される。県大会では上位進出を逃したが、開星、立正大淞南のほか、昨年優勝の出雲も後を追う。 

 石見智翠館は投打に安定した力がある。2年前に夏の甲子園で投げた安藤に加え、小立、亀川と投手層が厚い。大社は140キロ超えの直球とスライダーが武器のエース長岡の出来が鍵を握る。益田東は前田、浜田は重川がともに横手から切れのある変化球を投げる。 

 立正大淞南は安定した守備が健在で、開星は攻撃力が高い。連覇を狙う出雲も機動力を絡めた攻撃で上位をうかがう。

 

組み合わせ日程・組み合わせ表(島根大会2017)

f:id:summer-jingu-stadium:20170617165645j:plain

2017年組み合わせ抽選会の日程・時間(島根)

617日午後2

 

2017年開幕・開会式の日程・時間(島根)

715日正午(出雲市の県立浜山球場)

 

2017年決勝戦の日程・時間(島根)

726日午後1時試合開始

 

島根大会の入場料の金額

大人500円(前売り400円)

中高生200円

小学生以下は無料

 

島根大会の出場高校

39高校が出場予定

【広告】

 

 

注目度UP:石見智翠館・平凌二選手(春季2本塁打)

石見智翠館の平凌二君(3年)。春季大会での本塁打は2本。しかし、大会前まで公式戦で本塁打の記録はない。166センチと体格は小柄。春の選抜大会につながる昨秋の県大会では1試合も出られなかった。「悔しかった」。冬の間は打力を上げるために素振りやティー打撃の自主練習に励んだ。成果を出したいと臨んだ今大会だった。平君は「外の甘い球を見逃した」と反省する一方、「一つ一つ課題をつぶし、もっともっと成長したい」とコメントしている(朝日新聞)