高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【ついに決定】高校野球・埼玉大会の組み合わせ表・開幕・決勝の日程はいつ?優勝候補は浦和学院

高校野球・埼玉大会の組み合わせ抽選会・開幕・決勝

夏の全国高校野球大会・埼玉大会2017の日程が決まりました。

 

f:id:summer-jingu-stadium:20170531174432p:plain

 

【広告】

 

 

【目次】記事のあらすじ

 

埼玉での優勝候補は浦和学院

関東大会春季において浦和学院が東海大相模(神奈川1位)に32で勝利、2年ぶり6度目の優勝。

 

【広告】

 

2017年組み合わせ日程・時間(埼玉)

http://www2.ttcn.ne.jp/sai-kouyaren/taikai/h29pdf/natu29k.pdf

http://www2.ttcn.ne.jp/sai-kouyaren/taikai/h29pdf/natu29k.pdf

 

2017年開幕・開会式の日程・時間(埼玉)

78日@県営大宮

 

2017年決勝戦の日程・時間(埼玉)

726日@県営大宮

 

埼玉大会の展望・花咲徳栄・浦和学院が2強【朝日新聞】

 

  •  3年連続の甲子園出場がかかる花咲徳栄と、今春の関東大会覇者の浦和学院の2強に、実力校が挑む構図だ。 
  •  花咲徳栄は春季県大会の5試合で計50得点。西川、野村ら中軸の長打力が光る。浦和学院は春の県、関東大会の計9試合で1試合平均失点数が1・89。好左腕佐野の変化球に、幾多の好打者のバットが空を切った。「打の徳栄、投の浦学」と言える。 
  •  公立勢にも注目が集まる。市川越は昨夏も活躍したメンディスら投手陣の出来が鍵を握る。大宮東は昨夏、公立校唯一の4強入り。27年ぶりの夏の甲子園出場を狙う。 
  •  私立校では、春日部共栄や聖望学園も頂点まで上りつめる実力がある。