【高校野球】夏の西愛知・東愛知大会2018|6月30日開幕!組み合わせ日程、試合予定

【高校野球】夏の愛知大会2018|予選は6月30日開幕!

夏の東・西愛知大会の開会式は6月30日午前10時から、パロマ瑞穂野球場である。式には、名古屋商と足助を含む188校が参加予定。

決勝は東愛知が7月26日、西愛知が27日に、いずれも岡崎市民球場で行われる。

組み合わせ日程は以下のとおり。

春季愛知大会の試合結果一覧


「スポンサーリンク」

西愛知大会の展望・優勝候補

東邦が優勝候補筆頭。今センバツに出場した東邦はクリーンアップ3人の攻撃力が抜きんでている。投手陣にもプロ注目の扇谷莉(3年)を擁する。今春の東海大会も制している。追うのは今春県大会優勝の誉、昨夏出場校し愛知招待試合では大阪桐蔭を下した中京大中京。いずれも好選手がそろっており、優勝する力は十分。さらに愛工大名電、西春、享栄、栄徳など地力のある高校がそろっており、激しい戦いが予想される。

「スポンサーリンク」

東愛知大会の展望・優勝候補

東愛知は混戦必至。西愛知勢が上位を占めた今春県大会でベスト8に進出した豊川、愛産大三河に注目。豊川は今センバツ出場の東邦相手に同大会準々決勝で好ゲームを演じた。逆転負けを喫したが、好投したエース竹田龍惟投手を軸に5回までリードしていた。

愛産大三河は攻撃力があり、96年以来22年ぶりの夏の切符を狙う。10年前の記念大会で東愛知を制したのは、大府。今年も勝ち上がる力をもっている。安城、豊田工、昨秋4強入りした桜丘、昨夏ベスト4の豊橋中央など、力が均衡しており、どこが制してもおかしくない。

「スポンサーリンク」

西愛知大会の組み合わせ

春季愛知大会の試合結果一覧

「スポンサーリンク」

東愛知大会の組み合わせ日程

春季愛知大会の試合結果一覧

「スポンサーリンク」

愛知大会のシード校

シードは東愛知が、愛産大三河、安城、豊橋中央、豊川、西尾、知立東、刈谷、桜丘。西愛知が誉、東邦、西春、享栄、愛知啓成、誠信、至学館、愛知。

「スポンサーリンク」

選手宣誓は水野魁人主将

今春の県大会で優勝した誉の水野魁人主将(3年)が担う。午後0時50分からある始球式では、1966年に史上2校目の春夏連覇を達成した時の中京商(現・中京大中京)エースで、元近鉄投手の加藤英夫さが登板。

「スポンサーリンク」

春季愛知大会は誉が2-1で東邦に勝利し優勝!

決勝戦は、誉が2-1で東邦に勝利し優勝!

春季愛知大会の試合結果一覧

【スポンサードリンク】