高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【ドラフト注目】創部6年目・啓新高校の牧丈一郎(福井)、球速は152キロの注目投手。

創部6年目・啓新高校の牧丈一郎(福井)、球速は152キロ

  • 福井大会をこの17年春を制したのは創部6年目の「啓新」高校だ。ノーシードから勝ち上がり、福井県大会初優勝を果たした。投手陣は県内屈指だ。優勝に貢献した右腕の藤原が背番号1を背負う。
  • 背番号10を背負うのが、プロ注目の「牧丈一郎」(3年)だ。球速は自己最速で152キロ。5月下旬、福知山成美(京都)と東邦(愛知)相手に2週続けて、ともに自己最速タイの152キロを計測。スカウトの注目も急上昇だ。

f:id:summer-jingu-stadium:20170603144331p:plain

 

【広告】

 

 

【目次】記事のあらすじ

 

啓新高校の牧丈一郎のプロフィール

f:id:summer-jingu-stadium:20170603144504p:plain

  • 中学:京都嵐山ボーイズ
  • 高校:啓新
  • 身長/体重:181㎝/80㎏ 
  • 右投げ左打ち 
  • 少年野球時代は野茂JAPANにも所属

 

【広告】

 

プロ注目の啓新・牧丈一郎、スカウト10球団以上視察

春季北信越地区高校野球大会は6月3日、啓新(福井1位)が関根学園(新潟3位)を90(8回コールド)で下し準々決勝に進出した。プロ注目右腕の啓新(福井1位)牧丈一郎投手(3年)が7回を5安打8奪三振で無失点、最速148キロをマークして初戦突破に貢献した。

巨人、ヤクルト、ロッテなど10球団以上のスカウトが見守る中、序盤は140キロ前後と自慢のスピードは抑え気味。大八木治監督(63)は「情けない。2週連続で152を投げてきて、今日は153か154が出るかなと思っていた。それを上回れないのは、精神力の弱さがある」と不満顔だったが、牧は「回と打順によって力の入れ具合を変えました。(4回は)ボールが指にかかって、(スピードが出ている)感覚はありました」と内容に納得した。

 

啓新  002 120 04

関根学園000 000 00