【動画】100号目は特大場外弾、早実・清宮幸太郎の試合後インタビュー(6月4日:享栄戦)

【動画】100号目は場外へ!早実・清宮幸太郎の試合後インタビュー(64日:享栄戦)

  • 早実・清宮がついに大記録・高校通算100号本塁打の快挙を達成しました!
  • 64日(日)、愛知招待試合の享栄戦の9回裏に、打った瞬間の100号ホームランは、なんと場外に飛び込む特大アーチ。愛知の享栄高校のエース「早矢仕飛希」も思わず笑ってしまうくらいの特大弾で100号の記録を打ち立てました。
  • さすがスーパースター!!!
f:id:summer-jingu-stadium:20170604144953p:plain

【目次】記事のあらすじ

【広告】

 

【一問一答】試合後、清宮のコメント

 ――100号が出た感想は

今日はあまりいい当たりが出ていなかったので、最後の最後に出てよかった。

 ――打った瞬間の手応えは

もう完璧でした。打った瞬間に行ったと思ったし、歓声もものすごく聞こえた。招待試合の中で一番大きな歓声だったと思います。

 ――期待感も伝わったか

最後の打席も子どもたちが外野から声を出していてくれたのが聞こえたので、力になりました。たくさんの方に見に来ていただいて、「自分も打たなきゃ」と思う。(球場に)残ってくれた皆さんのためにもと思っていたので、そういう思いにさせてくれたのは皆さんのおかげ。本当に感謝しています。

 ――100本目の打席はどんな気持ちで振ったか

最後なので、真っすぐが来るかなと思っていた。狙い通りきた。100本目で、自分らしいいい打球が飛んでくれたのでよかった。春先は結果が出なかったが、(打撃のコツを)一つつかんでからいい感じで調子も上がってきている。さらにレベルアップして夏を迎えたい。

 ――「100」という数字をどう捉えているか

そんなに打った感じはしない。すごいことというか、あまり実感はないです。

 ――100本まで本塁打を打てた理由は

日々のトレーニングであったり、練習の中でしっかり自分の形で振ること。1年生の頃からいろいろ経験させていただいているので、その賜物(たまもの)だと思います。

 ――これまでで印象に残った本塁打は

いっぱいありますけど、甲子園で打ったのは気持ちよかった。あと、今日のもよかったです。

 ――最後の夏に向けて

選抜も出ましたけど、夏の甲子園とは全然違った。(甲子園は)夏に出てなんぼだと思う。次もしっかり出て、勝てるようにしたいです。

【動画】早実・清宮幸太郎の100号シーン(64日:享栄戦)

【動画】早実・清宮幸太郎の試合後インタビュー(64日:享栄戦)

<以下は予備>

【スポンサードリンク】