【次の監督は?】東福岡の野球部監督「葛谷修」氏が退任、6月13日付で。今夏の福岡大会前に

東福岡の野球部監督「葛谷修」氏が退任、613日付で。

f:id:summer-jingu-stadium:20170614062954p:plain

西日本スポーツによると、強豪・東福岡高で監督を務めていた葛谷修氏(59)が13日付で退任したことが判明しました。同校教員でもある葛谷氏は、来年の3月で定年。「このあたりで一区切りを付けたいと思った」と、今夏の福岡大会を前に退任を決意した模様です。当分の間は下野輝章副部長が監督を務める模様。

葛谷さんは、小倉南高で主将として1975年夏の甲子園に出場。日体大では首都大学リーグでベストナインになった。大学卒業後、804月に東福岡高の監督に就任。

【目次】記事のあらすじ

【広告】

 

【監督の在任期間】東福岡の監督を37年間

指導者としては異例の37年という長期間にわたる在任期間で、東福岡を強豪校に育てる。甲子園には春夏合わせて6度(春2度、夏4度)出場し、2001年春の選抜大会8強が最高。

【教え子】東福岡で育てたプロ野球選手

平井光親(元ロッテ)村田修一(巨人)田中賢介(日本ハム)吉村裕基(福岡ソフトバンク)森雄大(楽天)など

BBH 2014追加 白カード 森雄大(楽天)

BBH 2014追加 白カード 森雄大(楽天)

【東福岡】甲子園通算 春2回 夏4回出場

f:id:summer-jingu-stadium:20170614063028p:plain
  • 75回全国高等学校野球選手権大会出場
  • 80回全国高等学校野球選手権大会出場
  • 81回全国高等学校野球選手権大会出場
  • 89回全国高等学校野球選手権大会出場
  • 70回選抜高等学校野球選手権大会出場
  • 73回選抜高等学校野球選手権大会出場

【春季大会】福岡地区高等学校野球大会(2017)

春季福岡大会では、東福岡はベスト8という結果に

1回戦  シード

2回戦  東福岡  10対3 筑前

3回戦  東福岡   7対0 筑紫中央

準々決勝 東福岡   1対8 筑陽学園

【スポンサードリンク】