【ついに決定】高校野球・新潟大会2017の組み合わせ日程・開幕戦・決勝日程が決定、選手宣誓は新潟県央工。

高校野球・新潟大会2017の組み合わせ日程・開幕戦・決勝日程が決定、選手宣誓は新潟県央工。

f:id:summer-jingu-stadium:20170617174005p:plain

夏の全国高校野球大会・新潟大会2017の組み合わせ抽選会が開催され、ついに組み合わせ日程が決定しました。参加は84校。77日に開幕し、723日に決勝予定です。選手宣誓は、新潟県央工の鈴木雄真主将。

【目次】記事のあらすじ

f:id:summer-jingu-stadium:20170617164356p:plain

開幕・決勝戦の日程(新潟大会2017)

77日に開幕し、723日に決勝予定

新潟大会の展望、優勝候補は日本文理(朝日新聞)

f:id:summer-jingu-stadium:20170617164331p:plain

日本文理、多彩な投手陣

昨秋と春の県大会を制した日本文理が総合力で一歩リードしている。鋭いスライダーが持ち味の右腕稲垣、制球力のある左腕新谷ら投手陣が充実。打線は川村、松木を軸に県大会6試合で計52得点。2009年に県勢最高の全国選手権大会準優勝に導いた大井監督が今夏で退任するため、チームの士気も高い。 

春の県大会準優勝の中越も地力はある。坂井翔、坂井琢兄弟、小鷹、斉藤と長打力のある打者がそろう。エース沢中は春の北信越大会で好投し、調子を上げている。 

春の県大会4強の新潟明訓と関根学園も優勝争いに加わる力はある。1、2年主体で昨夏4強に進んだ加茂暁星も注目だ。

組み合わせ日程(新潟大会2017)

f:id:summer-jingu-stadium:20170617164500j:plain

【スポンサードリンク】