高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【展望は?】高校野球・大分県大会(2017)の組み合わせが決定!開幕・決勝戦の日程。優勝候補は明豊・大分商

【展望は?】高校野球・大分県大会(2017)の組み合わせが決定!開幕・決勝戦の日程。優勝候補は明豊・大分商

f:id:summer-jingu-stadium:20170623185533p:plain

大分大会がいよいよ開幕します。参加は45校。78日に開幕し、725日に決勝予定です。

 

【目次】記事のあらすじ

 

大分大会の展望・明豊・大分商、やや優位(朝日)

昨秋と今春の県大会を連覇した明豊と、昨秋の県選手権を制した大分商がややリード。昨夏の覇者・大分やシード校の杵築などが後を追う。 

明豊は1年時の一昨年、甲子園を経験した中軸・杉園を筆頭に、下位打線でも得点を期待できる。大分商は広沢、三代を軸に大量得点を狙える打撃のチームだ。 

大分は1番の三浦を中心に、積極的な走塁で確実に点を積み上げる。杵築は球威のある市原良、太田が好投手。外野手は俊足ぞろいで、守備も堅い。 

キレのある直球と変化球が武器の柳ケ浦の田中は今大会注目の右腕。最速145キロの尾花を擁する藤蔭からも目が離せない。(前田朱莉亜)

 

大分大会の開幕日程

7月8日

 

大分大会の決勝戦日程

7月2

 

大分大会の組み合わせ日程

http://www.oita-kouyaren.com/sokuho/img/pdf_42.pdf

f:id:summer-jingu-stadium:20170623185634j:plain