【高校野球】春季・三重大会2018|組み合わせ日程、決勝は4月28日(土)

【高校野球】春季・三重大会2018|組み合わせ日程、決勝は4月28日(土) 

ベスト8が決定!

津商、海星、津田学園、宇治山田商、松阪商、いなべ総合、菰野、白山の8校が準々決勝に進出。大会第3日は21日、準々決勝4試合がある。四日市市営霞ケ浦球場で松阪商―いなべ総合、津商―海星、ダイムスタジアム伊勢で津田学園―宇治山田商、菰野―白山の各2試合がある。

「スポンサーリンク」

大会概要

第六十五回春季東海地区高校野球「三重県大会」の組み合わせを決める抽選会が4月10日に行われた、組み合わせが決まった。大会は4月14日(土)に開幕し、地区大会を勝ち上がった25校が出場する。

春の選抜高校野球大会ベスト4の三重、昨年大会優勝の近大高専、投手力のある菰野、試合巧者のいなべ総合が注目校となる。

会場は四日市市営霞ケ浦球場、津市営球場、県営松阪球場、ダイムスタジアム伊勢の四球場。

順延がなければ、22日(日)に準決勝、28日(土)に決勝を行う。

入場料は大学生以上六百円、高校生二百円、中学生以下無料。

優勝、準優勝校は5月18日(金)から愛知県で開かれる東海大会に出場する。

4月15日(日)の試合結果

津商 10-2 三重
伊勢 0-8 宇治山田商
松阪商 4-3 相可
海星(三重) 5-4 四日市工
近大高専 0-8 津田学園
鈴鹿 0-7 菰野
白山(三重) 11-4 木本
いなべ総合 8-1 四日市

4月14日(土)の試合結果

伊賀白鳳 0-2 津田学園
菰野 4-1 津
相可 11-0 明野
暁 1-10 白山
上野 3-4 木本
亀山 6-9 四日市工
南伊勢 1-16 宇治山田商
津西 6-9 四日市
三重 9-0 松阪工

組み合わせ日程

【スポンサードリンク】