高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【退任理由は?】秀岳館の鍛治舎監督「体調面ではない」。次期監督「後任は未定」と報道

【なぜ急に?退任理由は?】秀岳館の鍛治舎監督「体調面ではない」。次期監督「後任は未定」と報道

f:id:summer-jingu-stadium:20170806170256p:plain

秀岳館の鍛治舎監督が、今回の2017年の甲子園を最後に退任することを表明しました。限りの退任を急遽発表しました。鍛治舎監督は、2014年に監督に就任し、16年春夏、17年春と3季連続でチームを甲子園4強に導いてた名将です。

 

鍛治舎監督は、熊本大会中の7月20日早朝に激しい動悸、胸やけを覚え、21日の練習中に口が曲がる、右肩がしびれるなどの症状も出たため救急搬送されて入院。 突発性不整脈、軽度の脳梗塞と診断。しかし、退任の理由については、「体調面の不安などではない。コーチも育ってきたので」と理由を説明しています。急遽の退任にいたった経緯・理由が気になります。

 

名将は、この夏の甲子園を最後に、秋からは別の監督が指揮を執り、今大会で8強入りすると出場することができる国体も指揮は執らない模様です。

 

【目次】記事のあらすじ

 

鍛治舎監督のプロフィール

  • 県岐阜商から早大を経て、松下電器に入社。
  • 中心打者として活躍。
  • 同社監督としても都市対抗大会4強などの実績を残し、アマ日本代表のコーチも歴任。
  • その後は高校野球解説者、少年野球・オール枚方ボーイズ監督も務めた。
  • 14年2月に同社役員を退任した。

 

鍛治舎監督のコメント

「退任しても組織づくりがしっかりしているので強いチーム作りは変わらない。選手たちと灰になるまで完全燃焼したい」

「夢のような3年間。来年の100回大会にという思いもありましたが、やるべきことはやったかな」

「今大会はどこで終わるか。最後まで行くのか。楽しみです」