高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【現地画像】甲子園大会4日目、史上最高レベルの大混雑・行列。「始発で並んでも買えない」可能性と

【現地画像】甲子園大会4日目、史上最高レベルの大混雑。行列で「始発で並んでも買えない」可能性と

f:id:summer-jingu-stadium:20170811055445p:plain

甲子園には魔物が棲んでいる。

 

99回の夏の甲子園、大会4日目は、屈指の好カードが勢ぞろい。山の日祝日ともあり、大混雑の条件は整った。徹夜組が多数存在し、甲子園駅に始発で到着したものの「並ばれても買えない可能性がある!」と大会関係者がアナウンスする事態に!

 

大会4日目の対戦カード

  • #広陵 × #中京大中京
  • #横浜 × #秀岳館
  • #興南 × #智弁和歌山
  • #大阪桐蔭 × #米子松蔭

 

【目次】カオス・サバイバルゲームな大会4日目

 

満員通知が朝6時半に出される異例の事態に

 

第99回全国高校野球選手権大会本部は11日午前6時30分、今大会初の満員通知を出した。大会本部は「入場することはできません」と呼びかけている。

 

第1試合の開始2時間前の午前6時には、開門を待つ人の長蛇の列が阪神高速の高架下と道路を挟んだ横の広場をびっしりと埋め尽くし、約150メートル離れた阪神甲子園駅にまで到達。係員が「今からではチケットはご購入できません」とアナウンスし、入場無料の外野席での観戦を促した。

 

開門時刻は、外野席が通常より45分早い午前6時15分。他の席も同6時30分に繰り上げられた。中央特別自由席は、午前7時で早くも完売。午前7時20分の時点で、外野席はファンでほぼ埋まった。

 

【スポンサード リンク】

 

【画像】甲子園・大会4日目は徹夜・大行列・大混雑

 

 

【スポンサード リンク】

 

【画像】甲子園・大会4日目は徹夜・大行列・大混雑

 

 

 

【スポンサード リンク】

 

【画像】甲子園・大会4日目は徹夜・大行列・大混雑

 

 

【スポンサード リンク】

 

【画像】甲子園・大会4日目は徹夜・大行列・大混雑

 

 

【画像】甲子園・大会4日目は徹夜・大行列・大混雑

 

 

【スポンサード リンク】

 

【画像】甲子園・大会4日目は徹夜・大行列・大混雑

 

 

【スポンサード リンク】

 

【画像】甲子園・大会4日目は徹夜・大行列・大混雑

 

【みどころ 広陵(広島)-中京大中京(愛知)】

 広陵は左腕平元と中村の高校日本代表候補のバッテリーが軸となる。平元は最速146キロのストレートとカーブのコンビネーションが持ち味。広島大会では29イニングを投げ、防御率1・55を誇る。

 史上最多、夏7度の優勝を誇る中京大中京は、愛知大会6試合で54得点。チーム打率3割9分7厘、1試合平均9得点の強力打線がウリだ。高校通算56本塁打の主砲・鵜飼は地区大会で打率1割9分、本塁打なしに終わったが甲子園での復活が待たれる。

広陵のおもなOB 阪神金本知憲監督、広島野村祐輔、巨人小林誠司ほか

中京大中京のおもなOB 侍ジャパン稲葉篤紀監督、フィギュアスケート浅田真央さん、世界陸上女子マラソン日本代表・清田真央ほか。

 

 

【みどころ 横浜(神奈川)-秀岳館(熊本)】

 3季連続甲子園4強の秀岳館は田浦、川端の両左腕が最速148キロを誇り、優勝候補にも名前が挙がる。熊本大会中に突発性不整脈で入院した鍛治舎巧監督が、今夏限りでの退任を表明。ラストサマーを飾れるか。

 いっぽう神奈川大会タイ記録となる14本塁打を放った横浜の強力打線が、秀岳館の両左腕を打ち崩せるかが焦点。プロ注目で神奈川大会新記録の4戦連続アーチ(大会通算5本塁打)を放った増田珠の打撃にも注目だ。

 甲子園では01年夏の3回戦で対戦し横浜が5-0で秀岳館を下し8強入り。渡辺監督が甲子園通算30勝目を挙げている。

秀岳館のおもなOB 元ソフトバンク松中信彦、元阪神遠山奬志 DeNA国吉佑樹ほか

横浜のおもなOB ソフトバンク松坂大輔、DeNA筒香嘉智、ロッテ涌井秀章ほか

 

 

【スポンサード リンク】

 

【みどころ 興南(沖縄)-智弁和歌山(和歌山)】

 興南は決勝で完投した1年の宮城、3年の川満ら投手陣が充実。宮城は沖縄・嘉数中時代にU15代表選出の経験もありマウンド度胸も十分。10年には左腕島袋(現ソフトバンク)を擁し春夏連覇した興南が再び旋風を巻き起こせるか。

 00年以来3度目の全国制覇を目指す智弁和歌山は決勝を除く4試合で2桁安打、チーム打率3割9分9厘を誇る強打で対抗する。攻守の要は打率6割2分5厘の蔵野捕手。決勝では勝ち越し打を放ち、守りでも4投手をリード。今春コーチに就任した元阪神中谷仁氏から受けた指導を甲子園で発揮する。

興南のおもなOB 中日友利投手コーチ、ボクシング具志堅用高、女子プロゴルファー宮里美香ほか

智弁和歌山のおもなOB 日本ハム西川遥輝、中日岡田俊哉、ヤクルト武内晋一ほか

 

 

【見どころ 大阪桐蔭(大阪)-米子松蔭(鳥取)】

 多彩な変化球を操る米子松蔭のエース辰己が、センバツ王者・大阪桐蔭の切れ目のない打線を抑えられるかが鍵となる。

 史上初2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭は大阪大会でチーム打率3割9分9厘、5本塁打をマーク。福井の打率6割を筆頭にセンバツ決勝で2本塁打を放った藤原の4割5分5厘、坂之下の4割1分4厘と続き、高打率の打者がズラリと並ぶ。

 また西谷監督はこれまで甲子園通算42勝8敗で歴代2位の高勝率8割4分で、偉業達成となれば優勝回数は中村順司元PL学園監督と並ぶ歴代1位タイの6回となる。

米子松蔭のおもなOB お笑い芸人のネゴシックスほか

大阪桐蔭のおもなOB 中村剛也、中田翔、藤浪晋太郎ほか