高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【小林2世】広陵の中村奨成(捕手)、中京大中京戦で二発!高校日本代表、ドラフト上位候補確実

【小林2世】広陵の中村奨成(捕手)、中京大中京戦で二発!高校日本代表、ドラフト上位候補確実

f:id:summer-jingu-stadium:20170811102748p:plain

広島・広陵の捕手「中村奨成」が、甲子園の初戦・中京大中京戦で二本のホームランを放ち、さらにその名を上げています。守備面で高校ナンバーワンとの評価も。

 

広陵高校の先輩には「小林誠司」、つけられた異名は小林二世です。

 

 

【目次】広陵・中村奨成はプロ注目の逸材

 

 

【スポンサード リンク】

 

広陵・中村奨成は、俊足

遠投120メートルに加え、50メートルを6秒0

 

広陵・中村奨成は、二塁送球タイムが1秒85

二塁送球タイムは2秒を切ればプロでも一流の域だが、平均で1秒85。過去には1秒76を計測したこともある模様。

 

プロ注目・スカウト陣の評価

  • 広島の川端順編成部長は「捕手としては高校生No・1だと思う」
  • 中日の中田宗男スカウト部長は「肩も強いし、パンチ力もある。それに足もある。素材としての魅力があるね。スイングスピードは速いし、遠くへ飛ばす能力がある」
  • 巨人の渡辺政仁スカウトは「走攻守三拍子が揃った捕手は全国的に見てもなかなかいないんじゃないかな。素材は高校生トップクラス」

 

【スポンサード リンク】

 

広陵・中村奨成が中京大中京戦で二発本塁打!