【まとめ】夏の甲子園2018の開幕・組み合わせ日程・前売券の発売はいつ?第100回全国高等学校野球選手権記念大会

【まとめ】夏の甲子園2018の開幕・組み合わせ日程・前売券の発売はいつ?第100回全国高等学校野球選手権記念大会

f:id:summer-jingu-stadium:20170824173109p:plain

99回全国高校野球選手権大会では、92死からの逆転劇(大阪桐蔭vs仙台育英戦など)や延長戦での数々の激闘がありました。そして、3839チームの頂点に立ったのは花咲徳栄。埼玉県勢として初の栄冠に輝きました。




いよいよ、来夏2018年の全国高校野球選手権大会は、記念すべき100回大会となります。100回大会は史上最多56代表校が出場。従来、北海道・東京から2校が出場していましたが、今回は、埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡からも2校が出場し、合計56代表校が出場することになります。

2018甲子園の開幕日程はいつ?

201885日(日)~17日間(休養日1日含む)

2018甲子園の組み合わせ抽選会の日程はいつ?

201882日(木)

場所は、大阪市北区のフェスティバルホール

2018甲子園の前売り券の発売日程はいつ?

2017年の第99回全国高校野球選手権大会は88日に開幕。前売券は約1か月前の714日に販売開始。2018年のスケジュールは判明次第更新。

【史上最多】2018甲子園の出場枠が増える都道府県(2校)

2018年の夏の甲子園は、史上最多56代表校が出場します。

代表校が2校になる都道府県は以下の通り

  • 北海道(従来通り)
  • 東京(従来通り)
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福岡

【朝日新聞】来夏の甲子園、史上最多56代表校で開催 福岡から2校

来夏の第100回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は史上最多の56代表校で開催されることになった。19日、大阪市内で開かれた運営委員会で了承された。26日の日本高野連理事会を経て正式に決まる。

80、90回記念大会で2代表制となった埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫に加え、来夏は福岡からも2校が出場する。1回戦から8回勝たないと優勝できない7府県に当たる。毎年2校が出場する北海道、東京と同じように、2地区に分けて地方大会を開催する。大会は来年8月5日に開幕し、17日間(休養日を1日含む)の日程で兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる。

【日程】第100回全国高等学校野球選手権記念大会

f:id:summer-jingu-stadium:20170825175325p:plain

【スポンサードリンク】