U18・清宮の木製バットはローリングス、重さ860gの市販モデル改良型

U18・清宮の木製バットはローリングス、重さ860gの市販モデル改良型

f:id:summer-jingu-stadium:20170825193439p:plain

史上最多本塁打記録の早実清宮幸太郎。

108109号ホームランはなんと特注の木製バットだと判明しましたwwwどんだけーーーーー!という声が聞こえてきそうです。

ちなみに、 2017年の第99回甲子園は、合計48試合で史上最多となる「68本」のホームランが飛び出しました。

清宮のバットメーカーはどこ?

清宮の木製バットメーカーはローリングス

  • 84cm、最軽量860gのメープル素材
  • 市販モデル改良、先端くりぬき操作性重視
  • グリップは「フレアグリップ」形状

【スポンサード リンク】

 

早実・清宮の宝刀、木製バットの特徴とは?

1年生で出場した2年前のU18W杯は準優勝で、清宮自身もノーアーチ。910グラムの木製バットを使用したが「金属と同じようなバットで、重すぎたなと。相当、後悔した」という反省を今回に生かした。

合宿に向け、900グラムから860グラムのバットを試した中、長さ84センチで最軽量の860グラムのメープル素材のバットを選択。振り抜きやすさを求め、市販モデルに手を加えた。バットの先端をくりぬき、操作性の良さを重視。グリップは指がひっかかるように「フレアグリップ」と呼ばれる形状にし清宮モデルのバットが出来上がった。

ちなみに清宮は金属バットもローリングスを使用!!!!!

www.xn--8wv97xz6xo7h.online

【スポンサードリンク】