高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【異例の事態】日大山形、1ヶ月で主将交代。斎藤史弥が新キャプテンに

日大山形、1ヶ月で主将交代。斎藤史弥が新キャプテンに

f:id:summer-jingu-stadium:20170914075916p:plain

2017年夏の甲子園に出場した日大山形。

 

新チームが始動してわずか1ヶ月弱で主将が交代するという事態に。

 

新キャプテンに就任したのは、斎藤史弥。

 

2017年夏に唯一2年生としてレギュラーとして活躍。

 

主将が1ヶ月で交代、理由は?

新キャプテンになった斎藤はスポーツ新聞に

「前主将の)近藤(皓介、投手=2年)は優しく、人に厳しく言えてなかった。・・・主将の重圧で本来のプレーができてなかった。近藤は主将じゃなくても、チームをまとめてくれる」とコメント。

 

東北(宮城)との練習試合に敗れた翌日の9月4日。2年生でただ1人、甲子園を先発で経験した斎藤は選手間ミーティングで新主将に立候補。満場一致で就任が決定した。

 

日大山形・斎藤史弥のプロフィール

  • さいとう・ふみや
  • 2001年2月7日
  • 山形・鶴岡市生まれ
  • 朝暘四小3年から野球を始め、鶴岡四中では酒田シニアに所属。
  • 日大山形では1年春からベンチ入りし、2年春から正二塁手。
  • 175センチ、68キロ。
  • 右投げ左打ち。
  • 家族は両親、姉、妹。
  • 高校通算10本塁打。

 

日大山形、1カ月弱で異例の主将交代 敗戦で立候補

f:id:summer-jingu-stadium:20170914080025p:plain

(日刊スポーツから)

秋季高校野球山形県大会(15日開幕)の組み合わせ抽選会が12日、山形市内で行われた。2季連続の甲子園出場を狙う日大山形は17日、初戦(2回戦)で長井と羽黒の勝者と対戦する。新チーム始動1カ月足らずで主将が代わり、自ら手を挙げた斎藤史弥内野手(2年)が就任した。今夏の甲子園でただ1人の2年生レギュラーとしての経験を生かして、まずは県4季連続優勝に導く。上位3校が東北大会(10月13日開幕、福島)に出場する。

 

燃えたぎる情熱を、斎藤は抑えることができなかった。東北(宮城)との練習試合に敗れた翌日の今月4日。2年生でただ1人、甲子園を先発で経験した男は選手間ミーティングで新主将に立候補。満場一致で就任した。

 

今のままじゃ駄目だと思った。(前主将の)近藤(皓介、投手=2年)は優しく、人に厳しく言えてなかった。自分は率先してプレーで、チームを引っ張ってみせる。

 

新チーム始動1カ月弱での主将交代は異例だが、荒木準也監督(45)は平然としていた。近年、新チームの主将は選手間で決めさせている。9月に入って私用でチームを空けていた間に主将が替わり「さすがにビックリした」と苦笑いしたが、「斎藤がやるべきだと思っていた。楽しみ」と期待した。旧チームも4月に主将交代を経て甲子園出場を果たしただけに、驚きはなかった。

 

斎藤にも、周囲を納得させる経験があった。入学直後から試合に出場し、2年春から正二塁手に定着。勝負強い打撃が持ち味で、荒木監督からは「打撃センスはナンバーワン」と評された。先輩を押しのけ3番に固定され、今夏の甲子園1回戦(明徳義塾)では6打数2安打3打点。「甲子園は楽しい場所。今度は最上級生で行きたい」と意気込む。

 

配慮もあった。斎藤は新エース近藤の調子が上がらないのを感じていた。「主将の重圧で本来のプレーができてなかった。近藤は主将じゃなくても、チームをまとめてくれる」と副主将に据えた。投打の2枚看板が体を張って、2季連続甲子園に導く。

日大山形、1ヶ月で主将交代。斎藤史弥が新キャプテンに