【注目投手】浦和学院の佐野涼弥、ドラフト候補「ミレニアム世代のドクターK」

【注目投手】浦和学院の佐野涼弥、ドラフト候補「ミレニアム世代のドクターK」

浦和学院の新チームは強い。17年夏全国制覇を果たした花咲徳栄の最大のライバルとなる。

注目すべきは左腕の「佐野涼弥」だ。

力強いストレートを投げ込む。
見ているものを惹きつける何かがある。
球速は140キロ台、まだまだ伸びるだろう。

栃木県の宇都宮市出身。
石井小学校から野球を初め、
陽東中学校時代は、
栃木下野シニアに所属した。

浦和学院に進学した理由、
それは13年センバツ優勝投手のOB、

小島和哉(早大)への憧れだ。

進学にあたり、浦和学院の練習を見学して、
礼儀作法など野球以外も重視する点に共感し、栃木から浦学に越境した。

プロも注目する投手。
更なる成長を遂げれば、

来年のドラフト会議の目玉にもなるだろう。

日本ハム・今成スカウトはいう。
「ボールが強い。スライダーに自信を持ったピッチングをしている」

浦和学院の森士監督は、

17年秋大会で「佐野は先発、リリーフどこからでもいけるようにさせたい」と語る。

【スポンサード リンク】

 

佐野涼弥のプロフィール(出身中学・シニア)

栃木県宇都宮市出身。
佐野 涼弥(さの・りょうや)投手。
石井小学校2年時から軟式野球を始め、

陽東中時代は栃木下野シニアに所属。

浦和学院・佐野(背番号10)・秋季大会

豪腕。見ているものを惹き付ける。

【スポンサードリンク】