【注目進路】福井章吾(大阪桐蔭)は慶応大学へ進学か(ドラフト・プロ注目)

【注目進路】福井章吾(大阪桐蔭)は慶応大学へ進学か(ドラフト・プロ注目)

f:id:summer-jingu-stadium:20171002174255p:plain

正確な発表や詳細は、今後を待ちたいが

球歴.comなどの情報によると、

福井章吾(大阪桐蔭)は

慶応大学へ進学の模様だ。

【スポンサード リンク】

 

大阪桐蔭の福井章吾主将 後輩に夢託す(毎日新聞)

史上初の2度目の春夏連覇の道は険しかった。夏の甲子園で19日にあった3回戦。優勝候補と目されていた大阪桐蔭は1点リードで迎えた最終回、仙台育英の打者を1人抑えれば8強進出の場面から、サヨナラ負けを喫した。偉業達成に向けて一心にチームをまとめ、重圧にも耐えた福井章吾主将(3年)は、「来年は春夏連覇を成し遂げてほしい」と後輩たちに夢を託した。

守る大阪桐蔭は九回裏、2死まで順調だった。だが、ヒットの後に四球も加わり一、二塁となる。さらに遊撃手の送球を受けた一塁手がベースを踏み損ない打者はセーフ。満塁で次の打者の打球はセンター頭上を越え大阪桐蔭の夏が終わった。

「勝ちたかったです」。試合後、福井主将は声を振り絞った。昨秋から目指していたのは「チームの一体感」。能力は高いが、まとまりのなさが弱点と考えていた。1年生が担っていたグラウンド整備や片付けを上級生も率先して行うようにした。練習でも自分が一番ユニホームを汚してチームを引っ張った。

【スポンサード リンク】

 

福井主将は「上級生が動くと自然と下級生も動くと思った」と振り返る。真摯(しんし)な姿勢に藤原恭大選手(2年)は「自分から動く姿に刺激を受けた。全員から尊敬されている」と話す。

部の野球ノートに「主将力で夏も取る」と記されている。5月末、福井主将が春夏連覇の決意を持って書いた。大阪大会を制した後の甲子園直前のミーティングでは、「注目されて、プレッシャーもあるが、自分を見失うな」と部員を諭した。

「1点取らせてもまだ同点。守りきれば、また強くなれる」。この日、サヨナラ打を打たれる前に柿木蓮投手(2年)のいるマウンドへ駆け寄った福井主将は冷静だった。試合終了後、3年間の思いが募り大粒の涙がほおをつたったが、ナインへのねぎらいも最後まで忘れなかった。

「厳しいことを言ったがよくついてきてくれた。日本一のチーム」

今春のセンバツ初戦から夏の甲子園2回戦まで公式戦26連勝。途切れてしまったが、今の後輩なら、一からスタートし自分たちを乗り越えると信じている。【米山淳、加藤佑輔】

【目次】記事のあらすじ解説

【スポンサードリンク】