高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【注目進路】徳山壮磨(大阪桐蔭)は早稲田大学へ進学か(ドラフト・プロ注目)

【注目進路】徳山壮磨(大阪桐蔭)は早稲田大学へ進学か(ドラフト・プロ注目)

f:id:summer-jingu-stadium:20171002175113p:plain

正確な発表や詳細は、今後を待ちたいが

球歴.comなどの情報によると、

 

徳山壮磨(大阪桐蔭)は

早稲田大学へ進学の模様だ

【スポンサード リンク】

 

 

中1の時に動き出した大阪桐蔭エース・徳山の運命(スポーツ報知)

よくいる顔だと言われる。似ている芸能人は特にない。初対面の人には、「アルバイト先の先輩」「高校時代の友達」「さっき電車に乗っていた人」なんて言われたこともある。細い目に少し大きめの鼻、一般的な平たい日本人顔です。

 

今年3月、高校野球のセンバツ大会で大阪桐蔭のエース右腕・徳山壮磨(3年)を取材した。「どこかで見たことあるな」とモヤモヤしたまま帰宅。翌朝、顔を洗い、鏡を見て気づいた。「自分だ」。周りの報道陣にも似ていると言われ始め、最初は勝手に親近感を抱いていた。しかし、その思いは一瞬で吹き飛ばされた。

 

徳山は言わずと知れた甲子園春夏通算6度の優勝を誇る超名門の背番号1。自慢の制球力とキレのあるボールで同校2度目のセンバツ制覇、夏の甲子園では16強入りの立役者となった。マウンド上で見せるたくましい表情、ピンチを切り抜けて雄たけびを上げる姿は、自分とは似ても似つかない。

 

徳山の運命は、中学1年で動き出した。2012年、テレビ画面の向こうで甲子園春夏連覇に突っ走っていた「TOIN」のユニホーム。強さに憧れた。直後の所属チームの集まり。1年生が保護者らの前で一人ずつあいさつをする際、他の選手が冗談で場を盛り上げる中で宣言した。「大阪桐蔭に行きます!」。しかし、会場から「無理やー!」と総ツッコミ。「周りには『大阪桐蔭に呼ばれる選手になる』って中1半ばから言うようになった。そんな力は全然なかったんですけど。当時は『無理や、無理や』って言われて」。チームメート、指導者にさえも笑われた。

 

ここで諦めなかったから今がある。厳しい練習を続け、身長も1年時から22センチ伸びて180センチに。全てにおいて成長し、迎えた中学3年の春。「いい投手がおる」とうわさが広まり、同校コーチが視察に訪れた練習試合で快投した。わずかなチャンスをこじ開けて受け取った「TOIN」からのラブコール。周囲に冗談だと思わせた自分の言葉を、努力で現実に変えてみせた。

 

【スポンサード リンク】

 

現在開催中のU18W杯(カナダ)では、開幕戦(対メキシコ)と4戦目(対オランダ)の先発マウンドを任された。背番号18を付け、ともに勝利に導く好投。大阪桐蔭への進学も無理だと言われた少年が、今では日の丸を背負い世界一をつかもうとしている。

 

この夏、彼の歩みを想像しながら活躍を喜んでいると、私の父親からLINEが届いた。「お前、大阪桐蔭の徳山君に似てないか?」(記者コラム・浜田 洋平) 

【目次】記事のあらすじ解説