高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【注目進路】皆川喬涼・丸山和郁(前橋育英)は中央大・明治大へ進学か(ドラフト・プロ注目)

【注目進路】皆川喬涼・丸山和郁(前橋育英)は中央大・明治大へ進学か(ドラフト・プロ注目)

正確な発表や詳細は、今後を待ちたいが

球歴.comなどの情報によると、

 

前橋育英の皆川喬涼は

中央大学へ

f:id:summer-jingu-stadium:20171002184144p:plain

 

【スポンサード リンク】

 

丸山和郁は明治大学へ

それぞれ進学する模様だ。

f:id:summer-jingu-stadium:20171002184154p:plain

 

前橋育英・皆川、今大会最速149キロ!(デイリー)

f:id:summer-jingu-stadium:20171002184144p:plain

「全国高校野球選手権・2回戦、前橋育英3-1明徳義塾」(16日、甲子園球場)

 

前橋育英(群馬)の先発右腕、皆川喬涼投手(3年)は今大会最速で自己最速タイの球速149キロをマークし、8回2/3を1失点と好投。明徳義塾(高知)には3-1で競り勝ち、優勝した2013年以来、4年ぶりに3回戦へ進出した。明徳義塾・馬淵史郎監督(61)の監督通算50勝はかなわなかった。

 

スコアボードに「149キロ」が表示されたのは二回。どよめく観客にも、大台を目指す皆川は「あと1キロ出ないなんて、なんだかなぁ」と言うから大物だ。今大会最速の149キロ、常時145キロ前後の直球を中心に力で明徳打線をねじ伏せた。

 

右手親指がつり、九回2死一塁で丸山和郁外野手(3年)にリリーフを仰いだ。「チームの勝利はうれしいけど、達成感がなくて悔しい」と負けん気も見せた。

 

最後の夏に初めて背番号1を背負う。中学時代は軟式の内野手。13年夏の優勝投手、高橋光成(現西武)に憧れ同校に入学し、2年春に投手に転向した。速球は当初130キロ程度。3キロの砂入りゴムボールを指で持つトレーニングで球威も磨いた。球速だけでなく精度の高い制球も大器を予感させる。

 

群馬大会は5投手が登板。4人が140キロ超を投げるハイレベルな環境も右腕を成長させた。背番号1の好投に、荒井直樹監督(53)は「投手中心に守るうちの持ち味が出た」と手応えを口にした。

 

この日は荒井監督の誕生日。朝の宿舎でナインは寄せ書きの色紙をプレゼントした。皆川が書いたのは「日本一長い夏にしましょう」。エースの階段を一歩上った剛腕が、恩師を4年ぶりの頂点へ連れて行く。

 

【スポンサード リンク】

 

前橋育英の丸山「世界で収穫」 U-18野球日本代表 (上毛新聞)

f:id:summer-jingu-stadium:20171002184154p:plain

カナダで開かれた野球のU―1818歳以下)ワールドカップ(W杯、1~11日)で、前橋育英高の丸山和郁が日本代表の一員として出場し、銅メダル獲得に貢献した。

 

「すごい選手のプレーを見るだけでも楽しくて、一緒にプレーしたらもっと楽しかった」と振り返る。自身の成績や内容には満足していないが、大きな可能性を秘める今後の野球人生にとって、弾みとなったようだ。 

 

丸山はカナダを破った3位決定戦まで全9試合に出場(7試合先発)し、計5安打を放った。特に2次リーグ進出を決めたオランダ戦(日本時間5日)は、2安打と盗塁で勝利に大きく貢献したが「打ち損じもあったし、打ったうちに入らない。盗塁したから勝てたわけじゃない」と、自己評価は厳しい。大会を通じて思い通りのスイングができず、悔しさが勝るという。 

 

最も印象に残るのは04で敗れた1次リーグのアメリカ戦(同3日)。投手は目を見張るような速球を投げ、野手は強肩。打線は甘い球を全て捉えていた。「何を取ってもトップクラス。本当にすごかった。差を感じた。(日本は)細かい野球でパワーの差を埋めていかないと勝てない」と圧倒された。 

 

仲間のプレーにも刺激を受けた。大会ベストナインの救援投手に選ばれた田浦文丸(熊本・秀岳館高)のスライダーやチェンジアップは「今までに見たこともないほど変化した」。主将を務めた清宮幸太郎(東京・早実高)のスイングは「飛ばす力がすごかった」と間近で感じた。 

 

自身の力を再確認し、ミート力や小技の精度、変化球の質など、強化すべきポイントを高い次元でイメージできたのは非常に大きな収穫だった。「これだけ打てなかったんだから、もっと練習していく」と先のステージを見据える。 

 

高校卒業後は大学進学を予定している。もちろん将来はプロ入りを思い描く。のユニホームを着た経験を糧に、木製バットで快音を響かせる日も遠くはなさそうだ。 

 

まるやま・かずや 3年。高崎倉渕中出身。今夏の甲子園で8盗塁を決め、2014年に健大高崎の平山敦規がつくった1大会の個人最多記録に並んだ。左投げ左打ち。171センチ、72キロ。

【目次】記事のあらすじ解説