【試合日程】早実、関東一と秋季大会で激突!10月24日(火)に変更

【試合日程】早実、関東一と秋季大会で対決!10月24日(火)に変更

f:id:summer-jingu-stadium:20171009090834p:plain

※雨で順延が続き、10月24日(火)に変更

f:id:summer-jingu-stadium:20171021104443p:plain

2017年秋季大会、早稲田実業があの東東京屈指の強豪「関東一高」と早くも激突します。注目は早実のエース雪山幹太と不動の四番 野村大樹。関東一の石橋康太もプロ注目のスラッガー。今夏は4試合連続本塁打を放っています。

【スポンサード リンク】

 

今秋、清宮から主将を引き継いだのは1年生から不動の4番打者である「野村大樹」。

スポーツ紙の取材に対して野村は、

「清宮さんの後ろを打ってたときのほうが大変でした。主将の重圧はないです。毎年引退する3年生の方々からシャツに寄せ書きをもらうんですが、清宮さんが『迷ったら俺の背中を思い出せ』と僕のシャツの背中のど真ん中に大きく書いてくれたんです。今は壁にかけて寝る前に毎晩見ています」

とコメントしています。

試合日程・時間いつ?

10月24日(火)9時

球場・場所は?

小野路

試合結果

早実は、東京実業に10-0でコールド勝利

早実・野村「自信になる」打線けん引しコールド勝ち

10/9()  日刊スポーツ

<早実10-0東京実>

◇9日◇1回戦◇多摩市一本杉公園野球場

2年連続のセンバツ出場を目指す早実が9日、秋季東京大会1回戦で東京実に10-0でコールド勝ちし、関東第一との2回戦に駒を進めた。

高校通算48本塁打の新主将の野村大樹捕手(2年)は、3安打1打点で打線をけん引。前主将の清宮のように声とプレーでチームを引っ張った。「コールド勝ちできたのは、自信になります。清宮さんのようなバッターはいませんし、打撃が売りではないので、投手を中心に守りの野球をしっかりしていきたいです」と話した。

関東一高は、専大付を11-4でコールド勝利

【スポンサード リンク】

 

早実野球部メンバー秋季大会(出身中学、身長、体重)

1雪山幹太

2野村大樹

3中川広渡

4山本樹聖

5江本達彦

6野田優人

7斎藤恵太

8横山優斗

9石井豪

10赤嶺大哉

11伊藤大征

12池田徹

13板谷竜太

14毛塚悠伸

15佐久間優毅

16茅野真太郎

17長谷川航大

18進藤佑太

19生沼弥真人

20東海林碧波

【スポンサード リンク】

 

【目次】記事のあらすじ解説

【スポンサードリンク】