高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【注目進路】若林将平(履正社)、初の慶応大学に進学か(入試合格)

【注目進路】若林将平(履正社)、初の慶応大学に進学か(入試合格)

f:id:summer-jingu-stadium:20171014181406p:plain

2017年の選抜甲子園・準優勝の履正社の若林将平が、慶応大学の入試に合格していたことが判明した。履正社から慶応野球部に入部となれば、初となる。

【スポンサード リンク】

 

若林は、高校入学前に142キロのスイングスピードをマーク。1年秋で背番号7をつかんだが、疲労性の右肩痛、右胸部の骨折、右膝痛に苦しみ背番号13の甲子園デビューに。「同じ右の長距離打者として高校生の同時期で比べれば、山田をしのぐ飛距離がある」と岡田監督。

 

今春センバツ準Vの履正社・若林が慶大AO入学試験に合格

2017.10.14 サンスポ

今春センバツ準優勝の履正社(大阪)の若林将平外野手(3年)が慶大のアドミッションズ・オフィス(AO)入学試験に合格したことが13日までに、分かった。若林は今秋のドラフト上位候補、安田尚憲内野手(3年)と主軸でコンビを組んだ右の大砲。同校から慶大野球部入部となれば初。現在東京六大学通算20号でプロ注目の4番・岩見雅紀外野手の後継として期待される。

 

【スポンサード リンク】

 

若林将平のプロフィール

2000年(平12)3月3日、大阪府生まれ。小学時代は「都島タイガース」で投手を務め、都島中では「大淀ボーイズ」で捕手。履正社では1年秋に背番号7でベンチ入り。50メートル走6秒7。遠投90メートル。180センチ、86キロ。右投げ右打ち。

【目次】記事のあらすじ