高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【注目投手】錦城学園の星天太、中大附戦でノーヒットノーラン(参考7回コールド)

錦城学園の星天太(2年)、ノーヒットノーラン(7回参考)


f:id:summer-jingu-stadium:20171018153735j:image

 

錦城学園 星天太。

彗星のごとく現れた男が中大附戦でノーヒットノーランを達成した(7回参考)。

現地で観戦していた人はツイッターで以下のように感想を述べた。

錦城学園 星天太投手
今日、東京No1左腕が生まれ日になりました。球速、球の回転、制球、素晴らしい投球。

出身中学  品川区立冨士見台中。体格は、170/64と決して大きな体はしていない。

今後、注目される投手。

一度聞いたら忘れない名前、「星天太」。

要注目だ。

 

👉現地観戦の方のツイッター👉

 

以下、スポーツ報知も報道。

 

【スポンサード リンク】

 

錦城学園・星、7回参考ながらノーヒットノーラン!16強入り決めた

10/18(水) 16:55配信 (スポーツ報知)
錦城学園7―0中大付(7回コールド)

錦城学園の星天太(2年)が7回参考ながらノーヒットノーランを達成した。初回を2奪三振の三者凡退でスタートすると、コールド勝ちを決めた7回まで、許した走者は5回1死から中堅手の失策により二塁まで進まれた1人だけ。わずか79球の”準完全”で9三振を奪った。

「ノーヒットは知っていましたが意識はしていませんでした」と本人は涼しい顔。左腕投手で名字は星。漫画「巨人の星」の主人公・星飛雄馬を思い起こさせるが、大リーグボールではなく、得意のスライダーで打者を淡々と打ち取っていった。

16強入りを決めて目標だった来年行われる春季大会のシード権を獲得し、玉木信雄監督(46)も「これまではコントロールにばらつきがあったが、安定してきましたね」とエースの投球に目を細めていた。

【スポンサード リンク】

 

現地で観戦していた人