高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【注目投手】星稜・奥川恭伸、最速146キロの全中優勝スーパー1年生

星稜・奥川恭伸、最速146キロの全中優勝スーパー1年生 


f:id:summer-jingu-stadium:20171021214602j:image

北信越・星稜のスーパー1年生投手に熱い視線が注がれている。彼の名は「奥川恭伸」。

 

2017秋季 北信越大会の準決勝では、自己最速の146キロを記録した。今後、間違いなく選抜高校野球・甲子園で注目を集めるだろう。

 

実はこの星稜の奥川、中学時代には全国制覇を果たした投手だ。一緒に全中優勝を果たしたバッテリー捕手の山瀬慎之介とともに星稜に進み、現在星稜でバッテリーを組む。

奥川恭伸は全中優勝投手

中学三年時、「全国中学校軟式野球大会」において、北信越代表で石川・宇ノ気中学の投手として、関東代表の東京・上一色中をくだし初優勝を果たしている。

奥川恭伸のプロフィール・出身中学

宇ノ気中学
身長181cm
体重78kg
最高球速146km

【目次】