高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【注目投手】佼成学園・青木翼と中村陸人(18)の二枚看板で涙の準優勝。甲子園、までアウト3つが遠かった。

【注目投手】佼成学園・青木翼と中村陸人(18)の二枚看板で涙の準優勝。甲子園、までアウト3つが遠かった。

f:id:summer-jingu-stadium:20171106164728p:plain

甲子園までアウト3つが遠かった。

9回表、1点をリードしていた佼成学園。アウト3つが取れない。エース青木翼(背番号1)に駆け寄るキャプテンの江原秀星(背番号2)。江原はエース青木に何かを伝えていた。繰り返し、丁寧に何かを伝えていた。

f:id:summer-jingu-stadium:20171106164806p:plain

声をかけるファーストの松下豪佑。エースはマウンドで何を思っていたか。ナインはエースになんと声をかけていたのか。

f:id:summer-jingu-stadium:20171106164828p:plain

甲子園まであとアウト3だった。佼成学園のエース青木翼は無念の降板。

マウンドからベンチに下がると、すぐさま最前列に立った。グラウンドで戦う仲間たちに向けて声を絞り出した。

f:id:summer-jingu-stadium:20171106164821p:plain

試合後、エースは涙を流した。9回表1点のリードを守れなかった。背番号1・青木翼は泣き崩れた。先発の背番号18・中村陸人が支えた。

f:id:summer-jingu-stadium:20171106164728p:plain

実は、先発の背番号18・中村陸人は6月にひじを負傷していた。本格的に投球を再開したのが10月だった。準決勝の国士舘戦で春以来の先発マウンドに立ち、好投。「そろそろ青木(背番号1)を助けたいと思っていた」と語っていた。

f:id:summer-jingu-stadium:20171106165004p:plain

背番号18の中村は、泣き崩れるエース青木を支え続けた。ここまで佼成学園を大黒柱として勝ち進めたのはお前のおかげだと。

佼成学園・青木翼のプロフィール

f:id:summer-jingu-stadium:20171106164832p:plain

つくし野中学

175/66

佼成学園・中村陸人のプロフィール

f:id:summer-jingu-stadium:20171106164838p:plain

小金井南中学

178/70

【目次】記事のあらすじ解説