高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【高校野球】21世紀枠候補校、茨城県は「日立一」を推薦(2018選抜甲子園)

【高校野球】21世紀枠候補校、茨城県は「日立一」を推薦(2018選抜甲子園)

f:id:summer-jingu-stadium:20171111061754p:plain

県高校野球連盟(福田洋治会長)は9日、第90回記念選抜大会(来年3月23日開幕)に出場する21世紀枠の本県候補校に日立一を推薦すると発表した。

 

日立一は2015年の全国高校野球選手権茨城県大会で準優勝など、近年安定した成績を残している。今秋の県大会では4強入りした。

 

1927年創立。県内有数の進学校として文武両道を実践しており、同校野球部は登下校時のごみ拾い、日立駅でのあいさつ運動に励む。甲子園出場は1985年の夏の1回。21世紀枠の県高野連推薦は今回で3度目。

 

中山顕監督(47)は「進学校のため授業時間が長く、グラウンドも狭い。そういった環境も考慮していただけたのだと思う。良い知らせが届けばいい」と語った。

 

来春の21世紀枠は3校。12月15日に関東・東京地区の代表1校が選ばれる。本大会の出場決定は来年1月26日。同枠での本県からの出場はまだない。