高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【注目投手】創成館・川原陸、184センチの長身左腕。2年春からピッチャー転向

【注目投手】創成館・川原陸、184センチの長身左腕。2年春からピッチャー転向


f:id:summer-jingu-stadium:20171112070915j:image

九州・長崎県に注目投手がいる。

創成館の川原陸だ。

 

17秋季九州大会で王者となり、明治神宮大会に乗り込んだ。


川原は、身長は184センチの長身左腕だ。マウンドからは、しなるように投げこむ。川原は元々外野手で、2年の春から投手に転向。最速は141キロ。秋の県大会からチェンジアップを新たに投げ始めるなど、まだまだ成長中だ。


長崎県三川中学出身。中学3年時、シニア日本代表のメンバーに選出されたこともある好素材。

 

明治神宮大会では、創成館は、中国大会王者のおかやま山陽との初出場対決を5-1で制した。先発の川原陸投手(2年)は6回1/3を6安打1失点(自責0)にまとめた。

 

明治神宮大会の試合後、初の神宮のマウンドを振り返り「本当に緊張したけど、投げてるうちにどんどん楽しくなってきました」と満面の笑みを浮かべた。気の優しいピッチャーだ。