高校野球【汗と涙】

俺たちの夏は終わらせない。

【契約金・年俸】東大・宮台康平、日本ハムと契約金2500万円、年俸750万円で仮契約(ドラフト)

【契約金・年俸】東大・宮台康平、日本ハムと契約金2500万円、年俸750万円で仮契約(ドラフト)

f:id:summer-jingu-stadium:20171115181647p:plain

日本ハムは15日、ドラフト7位で指名した東大の宮台康平投手(22)と東京都文京区の大学構内で入団交渉し、契約金2500万円、年俸750万円で仮契約した。

宮台は「頑張っていこうという気持ちになった。まずは開幕1軍を目指したい」と抱負を述べた。東大では6人目のプロ野球選手となるが、成功例は少ない。大渕スカウト部長は周囲から好奇の目で見られながらプレーする難しさを伝え、「既存のものを変えるというメッセージを社会に送ってほしい」と激励。宮台は「プロ野球では珍しい存在だが、しっかりと一選手として結果を出したい」と話した。(金額は推定)。

東大・宮台の一問一答

-仮契約を終えての率直な気持ち

 宮台 今日は、まだ1段階ですので、気持ちがプロに向いている…本当にプロに向けて頑張っていこうという気持ち。

 

 -仮契約時に、どんな言葉を書けられた?

 宮台 前々から、お話しされた内容と変わらない。契約の内容がメイン。あとは「東大から行くということで注目されることもあるけれど、選手の実力として取っているから、気にせず頑張って欲しい」というふうに言ってもらいました。

 

 -自分では東大出身は意識する?

 宮台 プロ野球の中で言えば珍しいので、どうしても目立っちゃうとは思うんですけど、自分としては、やるからには1プロ野球選手として結果を出したいという…それだけです。

 

 -プロでは、どんなところを生かして勝負する?

 宮台 やっぱり気持ちで負けずに、しっかりいいボールを投げるというところをブラさずにやっていきたい。

 

 -オフはどう過ごす?

 宮台 もう1月には合宿に行きますし、あっという間だと思うので、オフというよりは準備が始まっているという気持ちで1日、1日、本当に自分がうまくいくように練習したい。

 

 -ルーキーイヤーの目標は

 宮台 開幕1軍で迎えるのと、まずは1勝を挙げたい。

 

 -プロへの意気込み、抱負は?

 宮台 やるからには本当に一生懸命やって、しっかり結果を出して、活躍できる選手になりたい。

 

-契約書は確認した?

 宮台 はい、確認しました。選手として国民の模範となるようにと…基礎の部分で、それが大事なんだということが分かりました。

 

 -オフはトレーニングしている?

 宮台 同じようにやっています。試合もないので、しっかり自分の体を追い込むのがメイン。走り込みだったり、キャッチボールはしっかり球数を多く投げたり、ウエートもやりながら、いろいろな要素を強くするという考え方でやらせてもらっています。

 

 -10月30日の指名あいさつの際、球団側から「宮台康平くん 入団にあたり」という資料をもらった。気付いた点は?

 宮台 あれの趣旨としては、今まで東大卒の選手は、なかなか出来なかったけれども、それはプレッシャーだったり、実力以外のところで注目されることがあるので、そこを反省というか…ハムにいた先輩方もいる。そこ(東大卒の看板)と戦うのではなく、新しい選手像…両立というところで頑張るのではなくて、1野球選手として頑張ればいいんだと(球団側は)おっしゃられた。「新しい価値観を、君が作ればいいんだ」と。自分としても、プロでやっていく上では忘れずにやっていく。日本ハムという球団が、出来ると思って僕を指名していただいた。そういう気持ちに応えたいし、誰にもチャンスがあるわけではないので、ちゃんとつかみたい。

 大渕隆スカウト部長 僕からは「チェンジメーカーになってくれ」と言いました。

 宮台 既存の価値観を変えるということです。