【高校野球】21世紀枠候補校、長野県は「松本深志」を推薦(2018選抜甲子園)

【高校野球】21世紀枠候補校、長野県は「松本深志」を推薦(2018選抜甲子園)

f:id:summer-jingu-stadium:20171117123048j:image

県高野連は16日、来春の第90回選抜高校野球大会「21世紀枠」の県推薦校に、松本深志(松本市)を選出したと発表し、同校で表彰式を行った。同校が推薦校に選ばれるのは初めて。

式には野球部員26人が出席。県高野連の山崎宏会長から推薦校としての表彰状を手渡された。2年の小林絃主将(17)は「先輩の思いと120年を超える野球部の歴史を胸にプレーしたい」とあいさつした。

県高野連は推薦理由について、県内有数の進学校として学業と部活動を両立していることに加え、直近の夏の県大会で2年連続ベスト8に入るなど、好成績を残しているとした。

松本深志は、旧制松本中学時代の昭和22年に、現在の夏の全国大会に当たる全国中等学校野球大会に出場して以来、甲子園の土を踏んでいない。

12月15日に全国9地区ごとの候補校が発表され、来年1月26日の選考委員会で、出場する3校が決まる。

【スポンサードリンク】