【高校野球】第100回・神奈川大会の「南北」地区割り・線引き|高校エリア別一覧|南神奈川は横浜、北神奈川は東海大相模

【高校野球】第100回・神奈川大会の「南北」地区割り・線引き

f:id:summer-jingu-stadium:20171124182352j:image

2018年夏の第100回全国高校野球選手権記念大会の神奈川大会は、県内を「南/北」に分割し、「南神奈川大会」と「北神奈川大会」に分けて開催される。第100回の記念大会の特例で、神奈川県からは、甲子園出場枠が2校に増える。

南神奈川には2017年の夏甲子園に出場した横浜が含まれ、北神奈川には2015年の夏全国制覇した東海大相模が含まれる。

「スポンサーリンク」

第100回大会で出場枠が2校となる都道府県

2018年の夏の甲子園は、史上最多56代表校が出場。

代表校が2校になる都道府県は以下の通り

*北海道(従来通り)
*東京(従来通り)
*埼玉
*千葉
*神奈川
*愛知
*大阪
*兵庫
*福岡

南神奈川エリアの主な高校、高校一覧、高校数

主な学校は横浜、鎌倉学園、横浜隼人、日大藤沢、横浜商、平塚学園など

・南横浜地区38校(瀬谷区、保土ケ谷区、西区、中区、泉区、戸塚区、南区、港南区、磯子区、栄区、金沢区)
・横須賀地区16校
・湘南地区23校
・西湘地区19校
→合計は計96校

北神奈川エリアの主な高校、高校一覧、高校数

主な学校は東海大相模、桐光学園、慶応、桐蔭学園など。

・川崎地区21校
・北横浜地区34校(青葉区、都筑区、港北区、鶴見区、緑区、神奈川区、旭区)
・北相地区43校
→合計は計98校

「スポンサーリンク」

南北区分けとした理由は?

神奈川県の高野連は「学校数のバランスを考慮し、過去の実績にかんがみて『南北』にした」と理由を説明している。

南神奈川と北神奈川の優勝回数は?

第90回大会から今夏の第99回大会まで過去10年の神奈川大会の優勝校・優勝回数をみると、
南神奈川は2校で計6回
北神奈川は3校で計5回

過去の区分け方法は?(第80回、90回、100回)

第80回大会:東西区分け
第90会大会:南北区分け
第100回大会:南北区分け

「スポンサーリンク」

第100回大会・甲子園の開幕日程はいつ?

2018年8月5日に開幕し、17日間(休養日を1日含む)の日程で兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる。

【スポンサードリンク】