【長崎県のスターへ】ソフトバンク増田珠(横浜)、福山雅治と同じ小中学校。登場曲「I am a HERO」を希望

ソフトバンク増田珠、福山雅治と同じ小中学校。登場曲「I am a HERO」を希望

f:id:summer-jingu-stadium:20171126111306p:plain

福岡ソフトバンクからドラフト3位で指名された横浜高校のスター「増田珠」。

故郷の長崎市内で交渉し、契約金5000万円、年俸600万円で合意した。

入団交渉は「(長崎の両親も)同席できるように」との横浜高の心遣いで、故郷での決意表明が実現。「九州に帰ってきたのも何かの縁。球界を代表する選手になりたい」。

実は増田は、国民的人気を誇る歌手で俳優の福山雅治と同じ小、中学校に通っていた。

【スポンサード リンク】

 

出身小学校・中学校は福山雅治と同じ

増田が通った稲佐小、淵中は、福山雅治の母校でもある。

「中学校の音楽室には、福山の写真が飾ってあり、ベートーベンの上にあった」

と母校が同じならではのコメントをしている。

増田珠、福山雅治の実家は超ご近所

それぞれの長崎県の実家は「走れば30秒ぐらい」という目と鼻の先の“ご近所さん”

増田は、「いつかお会いできて、お話しできるぐらいの選手になりたい」と憧れを抱いている。

【スポンサード リンク】

 

増田珠の登場曲「I am a HERO」を希望

増田は、横浜高校時代、試合前には、福山の楽曲を聴いて集中力を高めていたという。

「いずれは、登場曲で使わせていただきたい。曲名? I am a HEROです」。

歌詞には

「♪10年先の自分をイメージして 虎視眈々(たんたん)と『積んできた』んだ-」

とある。


福山雅治-I am a hero (10代限定ライブ)

増田珠(ますだ・しゅう)

1999年5月21日生まれ。

長崎市出身。

小学1年から「稲佐青空」でソフトボールを始め、

中学時代は「長崎シニア」で15歳以下日本代表にも選ばれた。

横浜高では2年夏と3年夏に甲子園出場。

180センチ、82キロ。右投げ右打ち。

【目次】記事のあらすじ解説

【スポンサードリンク】