第100回目の夏、広島大会は3年生全員入場行進プラン!開会式で

第100回目の夏、広島大会は3年生全員入場行進プラン!開会式で

第100回目の夏の高校野球・広島大会では、開会式での入場行進で各チームの3年生全員が行進するプランが検討されている。発案者は、広島県内の監督会会長である広陵高校の中井監督だ。

中井監督の想い

中井監督は、「控え選手も入場行進ができたらいい。3年間、頑張ってきたことへのご褒美。グラウンドを歩くのと歩かないとでは、今後の人生も変わってくる」と想いを語る。「入場行進のとき毎年、広陵だけではなくベンチに入れずスタンドに座る3年生を見て胸が痛かった」。練習に打ち込みながらメンバーに入れなかった控え3年生に思いを寄せる。

今後について

毎年、広島大会の開会式は「マツダスタジアム」が舞台だ。この夢を実現するためには管理者である広島東洋カープへの申請が必要となる。

【スポンサードリンク】