【高校野球】常総学院 7-1 霞ヶ浦 準決勝|春季茨城大会2018(5月6日)

常総学院 7-1 霞ヶ浦 準決勝|春季茨城大会2018(5月6日)

春季茨城大会準決勝、関東の他の地区ではすでに閉幕等しているため、GW最終日は「茨城大会」に高校野球ファンの熱い視線が送られた。

秋の決勝戦で、霞ヶ浦は8-5で明秀日立に敗れている。また、準決勝で、常総学院はこれも明秀日立に5-4で敗れている。「打倒・明秀日立」に魂を燃やす強豪校同士の対決は見ものだ。

準決勝|2018年5月6日(日)
①明秀日立 vs 水戸商 10時
②霞ヶ浦 vs 常総学院 12時20分
JCOMスタジアム土浦

「スポンサーリンク」

試合レポート

今年の常総学院はいままでと少し違う。

確実に1点を取りにいく試合巧者の印象が強かったが、佐々木力監督は「バントなど小細工だけでは全国で通用しない。1点ではなく2、3点を取る野球をしている」と言う。

佐々木監督は「僕も就任当初は機動力野球を掲げて小柄な左も起用したこともあるが今年は大柄な右打者がそろった。ホームランを打てるやつはホームランを打とうと言ってきた」と話す。

4番藤川寿真ら中軸の3人を含め、身長180センチ以上の選手が並ぶ。左打者が多い近年に珍しく、先発オーダー9人はすべて右打者だった。7日の春季茨城県大会決勝の相手は強打が売りの明秀日立。今夏に向けた試金石になる。

【スポンサードリンク】