【開幕戦は】清宮プロ初出場の日程いつ、2月17日の紅白戦が濃厚!沖縄県国頭村で

清宮プロ初出場の日程いつ、2月17日の紅白戦が濃厚!沖縄県国頭村で


日本ハムにドラフト1位で入団した清宮幸太郎内野手(18=早実)の国内デビュー戦が来年2月17日の紅白戦となる見込みと判明した! 試合会場の沖縄県国頭村に「清宮フィーバー」が巻き起こる。

栗山監督のコメント「いろいろなものを見た方がいい」と話しており、来春キャンプは米アリゾナでの1軍スタートが濃厚。1~14日(現地時間)までの期間で実戦も数試合組まれる予定。

16日からの沖縄2次キャンプは名護市営球場が20年の開場を目指して改修中という事情もあり、他球場で多くの実戦を組む。
【スポンサード リンク】



国内最初の実戦は現時点で17日の紅白戦となる予定。2軍キャンプ地でもある国頭村で、清宮も出場する可能性が高い。

栗山監督は「幅を広げれば(将来に)生きる可能性はある」とキャンプ期間は清宮に複数のポジションを練習させる方針。当日は本職の一塁だけでなく、三塁や外野を守る姿を見ることができるかもしれない。

清宮「開幕戦5番DH」!森本稀哲が予想

球団OBで野球解説者の森本稀哲がトークショーで、ドラフト1位指名を受けた清宮幸太郎選手=東京・早稲田実業高=について「最初は変化球に苦しむと思うが、1年目で活躍する可能性は十分ある」と期待。 来季開幕戦の5番・指名打者での出場を予想した。

【スポンサード リンク】


会場からは、今季不振だった主砲・中田翔選手について「なぜ栗山監督は起用し続けたのか」との質問。森本「翔はチームに絶対必要な4番打者。どん底を味わった今季、彼は精神的に成長した。温かい目で応援してほしい」

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です