【不祥事】東海大甲府の野球部員が喫煙、寮で加熱式たばこ発見

【不祥事】東海大甲府の野球部員が喫煙、寮で加熱式たばこ発見

名門・山梨の東海大甲府に不祥事が発覚した。

加熱式たばこを所持していたとして、甲府市の東海大甲府高が、野球部の3年生4人を謹慎処分にしていたことが4月11日、判明。

4人は喫煙を認めているという。

山梨県では春季関東地区高校野球県大会が開催中だが、同校は「今の段階で辞退は検討していない」としている。

同校によると、3月28日、甲府市内の寮で、管理人が加熱式たばこを持っている生徒を見つけた。

生徒指導担当の教諭が聞き取りしたところ、生徒は喫煙を認め、他にも3人が所持していたことが判明した。

4人は現在、授業、部活動とも出席・参加が禁止されている。

【スポンサードリンク】