選抜高校野球の注目投手・注目打者2018をリストアップ|大阪桐蔭は黄金世代

選抜注目投手・注目打者をリストアップ|大阪桐蔭は黄金世代

選抜高校野球が3月23日(金)に開幕!

史上3校目の春連覇を狙う大阪桐蔭は、根尾や藤原、柿木などのドラフト候補がずらりと並ぶ。「黄金世代」とも呼ばれる彼らは優勝候補として大きな注目を集めている。

ここでは、選抜高校野球観戦(現地・テレビ・インターネット)をもっと楽しむために、注目の選手(投手・打者)をまとめる。

リストアップした選手は、以下の通り。

センバツ注目の投手たち

優勝候補に挙がる大阪桐蔭には、本格派投手が3人。背番号1の柿木、ショートを兼ねる根尾。ともに140キロ台後半の力強い速球で押す右腕だ。背番号10の左腕・横川は190センチの長身から投げ下ろす投球が魅力的。3本柱でセンバツ2連覇を目指す。

秋の関東大会を制覇した中央学院の大谷は、最速145キロで打っても4番の「二刀流」。

明秀日立のエース細川は、成也(DeNA)を兄に持つ。

左腕では、川原と七俵(創成館)生井(慶応)は制球力がある。国学院栃木は右腕水沢が先発し、渡辺、宮両左腕が継投する「三本の矢」が持ち味。

進学校では、「石田伝説」で有名な東筑の石田、彦根東の増居。この昨年からチームの大黒柱だ。

優勝候補の東海大相模の斎藤は昨秋のけがから復帰し、復調気味。土居(松山聖陵)は角度のある最速144キロの速球が魅力的。

新2年生となる奥川(星稜)、黒河(英明)と西舘(花巻東)の3人は潜在能力が非常く、今後の高校野球界を沸かせる逸材。

星稜・奥川は最速146キロを誇り中学時代には全国制覇。英明・黒河は秋公式戦8試合を一人で投げ、四国大会決勝で明徳義塾に1-2で惜敗。花巻東の西舘は、本格派であり成長途上にある。

センバツ注目の打者たち

大阪桐蔭の代表格は、ドラフト上位候補の藤原と根尾だ。

リードオフマンの藤原は、昨春の選抜決勝で2本塁打を放つなど勝負強い。昨年は、2年生ながらU18W杯代表にも選ばれた。50メートル5秒7の俊足を備え、走攻守がそろう。ただし、足のけがが心配だ。

根尾は抜群のセンスと身体能力を持ち、遊撃手と外野手、投手を高いレベルでこなす。昨秋の公式戦で5本塁打、20打点を誇る。

東日本の代表格は、東海大相模の森下。1年夏から4番を経験し、秋公式戦では5本塁打を放ち、打率は5割超。高校通算46本塁打の長打力は魅力。

西日本の代表格は、智弁和歌山の林。昨秋は右肘の故障でベンチを外れていた。高校通算33本塁打を誇る。高嶋監督が絶大な信頼を寄せ「歴代でも1位」というほどの長打力が持ち味。

瀬戸内の門叶は昨秋の中国大会で1試合4本塁打。谷合(明徳義塾)は1年夏から甲子園で中軸を担うなど、経験値が高い。

186センチ、97キロの上田(日本航空石川)も度迫力の体格を持つ。強打が看板の日大三には日置・大塚の3、4番に注目。

【スポンサードリンク】