【注目投手】都立・紅葉川高校の小山紀洋、ノーヒットノーラン達成

【注目投手】都立・紅葉川高校の小山紀洋、ノーヒットノーラン達成

第100回全国高校野球選手権大会東東京大会
(10日、紅葉川1-0目黒、江戸川区球場)

都立・紅葉川高校の右腕、小山紀洋投手(3年)が今夏の東東京大会で初のノーヒットノーランを達成した!

「五回ぐらいからスコアボードを見て意識してしまいました」とコメント。

都紅葉川入学時に野手から投手に転向したが、すぐに右肘を痛め「離断性骨軟骨炎」と診断された。6月に手術を受け復帰したのは2年春。丸1年を棒に振った。

1メートル82の長身右腕。長い腕をムチのようにしならせ、130キロ台の切れのある直球を投げ込む。名前は近鉄などで活躍したスラッガーの中村氏と同じ「紀洋」で「ノリ」と呼ばれることもある。

東京大会の試合予定・結果

【スポンサードリンク】