【賞賛の声】前原高校野球部が交通事故を目撃し大活躍!(沖縄県、過去3回甲子園出場)

【賞賛の声】前原高校野球部が交通事故を目撃し大活躍!(沖縄県、過去3回甲子園出場)

沖縄県のうるま市にある公立高校「前原高校」の野球部が、

学校前で起こった交通事故で大活躍したと話題になっている。

ツイッターでは、「前原高校の前で事故があった。それに気づいたら前原高校野球部はフェンスを飛び越えてすぐ車の誘導してくれました!本当に感動です。野球部さすが」と賞賛の声。 【スポンサード リンク】


動画:前原高校野球部が交通整理

https://twitter.com/T0j6cozNKaN1yZa/status/956847970053365760
【スポンサード リンク】


前原高校とは?

沖縄県立前原高等学校は、沖縄県うるま市にある公立高等学校。
野球部は、1973年春・夏、1996年夏と甲子園計3回出場している。

前原高校には「イエローカード」という生徒指導が存在

前原高校では「特別指導カード」(通称イエローカード)と呼ばれる生徒指導方法が取られている。
「教科書を持たない」
「授業妨害をする」
「居眠りをする」
「授業を受けるにふさわしくない行動を行う生徒」
「制服を正しく身に着けない」
「校則を破る」
「学校のルールを守らない生徒」
に対して教師がイエローカードを出す。受けていた授業は離脱することになり、その後の授業は指導が終わるまでは受けることができない。 またこのカードが累積することによって「保護者呼び出し指導」や「校長との面談指導」と、重度な指導になっていく。

【スポンサードリンク】