【凄いぞ】大分上野丘野球部が部室侵入男を取り押さえ!逮捕に貢献

お手柄!大分上野丘野球部が部室侵入男を取り押さえ!

3月10日午後3時45分ごろ、大分市上野丘の大分上野丘高校に男が侵入し、運動部室棟から生徒のジャージーなどを盗み出した。目撃した野球部員3人が通行人と協力して男を取り押さえ、大分中央署が建造物侵入と窃盗の疑いで現行犯逮捕した。




逮捕容疑は、部室棟に侵入し、ジャージーやタオルなどが入ったビニール袋を盗んだ疑い。男は40~50代とみられ、同署が身元を調べている。3人はいずれも1年生の男子。同署によると、部室棟から不審な男が出てきたのに気付き、「泥棒」と大声で叫びながら追い掛けた。途中から通行人の男性も協力し、約200メートル先の路上で取り押さえた。

大分上野丘野球部の甲子園出場歴

野球部は、1948年(昭和23年)および1949年(昭和24年)の春と、1958年(昭和33年)の夏の3度にわたり甲子園に出場。また2009年(平成21年)の春に21世紀枠で選出され、60年ぶりのセンバツ出場。



大分上野丘高校は大分県の名門進学校

大分県下で最も長い歴史を持つ高校として知られる。2016年度(平成28年度)大学合格者数(浪人含む)は、国立大学が、九州大学53名、大分大学38名、広島大学23名、大阪大学22名、熊本大学22名、東京大学11名、私立大学が立命館大学30名、福岡大学29名、西南学院大学22名、早稲田大学20名、明治大学17名、慶応大学14名、同志社大学14名であった。九州や西日本の大学の合格者が多いが、首都圏の名門大学にも一定数の合格者を出している。

【スポンサードリンク】