阪神・広島での江草仁貴が大阪電通大野球部コーチに就任。嫁は竹下佳江(バレー)

阪神や広島で活躍の江草仁貴が大阪電通大野球部コーチに就任。嫁は竹下佳江(バレー)

3月1日付で、大阪電通大学野球部のコーチに元阪神の江草仁貴氏(37)が就任した。部員は新1年生を含めて78人で、江草コーチが担当する投手は20人。週5日指導にあたるという。

江草は2017年9月に現役引退

江草コーチは昨年9月に現役引退を表明。2月に元プロ野球関係者が学生野球の指導者になるために必要な「学生野球資格回復」の適正認定者となった。

江草は広島でデイサービスを経営

昨年から広島でデイサービスを経営している。

嫁は竹下佳江

妻は女子バレーボール元日本代表セッター(現ヴィクトリーナ姫路監督)の竹下佳江。

江草の出身高校などプロフィール

江草コーチは広島・盈進高から専大を経て、2002年のドラフト自由枠で阪神に入団。05年には左の中継ぎ投手として51試合に登板し、2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。11年途中に西武、12年の開幕前に広島へトレードで移籍した。プロ通算349試合に登板し、22勝17敗、48ホールド、防御率3・15の成績を残した。

【スポンサードリンク】