【投手&DHのみ】大谷翔平、外野出場はなし!エンゼルス責任者が起用方法を名言

【投手&DHのみ】大谷翔平、外野出場はなし!エンゼルス責任者が起用方法を名言

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャーに挑戦する大谷翔平投手が9日(日本時間10日)、エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムで入団会見を行った。

球団の強化責任者は今シーズンの大谷の起用法について「外野起用はなし」「先発6人ローテーション」という2つの指針を明確に示した。

【スポンサード リンク】


エンゼルスのビリー・エップラーGMはまず「私は彼が今季外野でプレーするとは思わない」と明言。

大谷はプロ入り直後、ライトでプレーする試合もあったが、メジャー1年目では外野起用を封印し、野手として先発する試合では日本ハム同様にDHでの起用となる方針を明らかにした。DH制度の存在するア・リーグのメリットを最大に生かすことになる。

最近2年間はフィジカルコンディションが悪く、DH起用が多かった主砲のアルバート・プホルスは元々、一塁の名手。現在は状態がいいことから、来季は一塁を守る機会が増加するとも同GMは言及しており、大谷をDHで使うことにも支障はない。

投手としても大谷の登板間隔を広げる策もエップラーGMは打ち出している。

「我々は(先発)6人ローテーションにとても前向きだ」

メジャーの先発ローテーションは中4日の5人体制が基本だが、先発登板の合間の試合で大谷を野手として先発させ、なるべく多くの回復期間を与えるために、先発ローテの人員増加を計画しているという。

 また、エップラーGMは大谷にすぐに結果を求めるようなことはしないとも言及。ほかの23歳と同様、大谷も育成の途中であるとの認識を示し、メジャーでの適応に向けて「彼が必要なだけ時間を与える」と明かした。

大谷の恩師、花巻東・佐々木監督 メジャー挑戦実現に「感慨深い」

花巻東(岩手)で大谷を指導した佐々木洋監督(42)が、エンゼルス入団決定を喜んだ。

「高校のときからメジャーを志していたので、感慨深い。高校のときは球は速いが勝てるピッチングができる投手ではなかった。育ててくれた日本ハムさんのおかげ」と感謝した。

高校3年時は投手としてメジャー挑戦について大谷と話し合った。だが、プロ5年間で打者としての才能も飛躍的に伸びただけに「今は投手のときは仕事をしているという感覚で、打者では“ただ、打ってやりたい”という野球少年みたいな感じだと思う。両方チャレンジしてほしい」とメジャーでも二刀流を貫くことに賛同した。

【スポンサード リンク】


指導のモットーは「非常識な発想をすることで、新しいものが生まれる」。メジャーでの二刀流挑戦は、自身の悲願でもある。「固定観念にとらわれず考えることが、改めて大事だと思った。米球界を動かすくらいの選手になってほしい。ベーブ・ルースを目指すのではなく、ベーブ・ルースを超える。投手でも打者でもNo・1」と飛躍を願った。

親心も忘れない。「最初から活躍してほしいですけど、1、2年は苦労するくらいがいい」。壁を乗り越えて、成長につなげることを望んだ。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です