【ドラフト】オリックスが大阪桐蔭の根尾・藤原を密着マーク!

オリックスが根尾・藤原(大阪桐蔭)をドラフト指名か?

秋の近畿大会を観戦したオリックスの谷口スカウトは、特大弾を目の当たりにし「若いときの松井稼頭央さんみたい」とPL学園で投手として活躍し、プロで遊撃手を始め複数ポジションを守る松井稼をほうふつとさせた。「根尾と藤原、あんな選手なかなかいない」と今夏U18日本代表選出された藤原恭大外野手(2年)とともに称賛。
【スポンサード リンク】


オリックス、来季へ大阪桐蔭・根尾&藤原密着マーク

12/23(土) 7:39配信
日刊スポーツ

オリックスは18年のドラフト1位候補に大阪桐蔭・根尾昂(あきら)内野手(2年)と藤原恭大(きょうた)外野手(2年)を挙げ、密着マークを実施する。

根尾はまだまだ成長を見込める遊撃手で、球団関係者は「先輩の中田翔(日本ハム)のように大学生、社会人でできることが今できている」と評価。藤原はチーム待望の1番打者候補になる。関西担当は同校OBの谷口スカウトというパイプを生かし、地元の逸材を徹底マーク。高校生の1位指名が実現すれば、12年の大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(阪神)以来となる。

【スポンサードリンク】