【センバツ】選抜高校野球2018の外野席は無料、第100回夏甲子園から有料化へ

【センバツ】選抜高校野球2018の外野席は無料、第100回夏甲子園から有料化へ

夏の第100回全国高校野球選手権大会(8月5日開幕・甲子園)から、これまで無料開放してきた外野席を有料化される。料金は500円程度で検討がなされている。

春のセンバツ高校野球2018では、無料のままとなる。

2018年夏の甲子園から入場券の発売方法が大きく変わる

中央特別席が全席前売り・指定席に(当日販売なし)

バックネット裏の中央特別席が全席前売り・指定化される。
中央特別席(現在は2千円)も含め、チケットの料金は4月に決まる。中央特別席はインターネットやコンビニで販売し、遠方のファンも購入しやすくなる。空席があれば、当日の一定時刻まで購入できる。ただし、球場窓口では販売しない。

外野席は無料から有料に

入場無料だった外野席が有料となる。外野席の入場券は500円ほどで検討中。外野席は中央特別席の前売り化で空いた球場窓口で当日販売する。これにより、外野席入り口周辺の安全確保を目指す。

一塁側・三塁側の特別自由席は当日販売

一・三塁の特別自由席、アルプス席は従来通り当日販売する。

【スポンサードリンク】