仙台育英の佐々木監督、退職。部員は退部、野球部は半年間の対外試合禁止

仙台育英の佐々木監督、退職へ。野球部は半年間の対外試合禁止

名将・仙台育英の佐々木監督が退職することが分かった。日刊スポーツが報じた。

また関わった野球部員は既に退部。野球部は半年間の対外試合禁止処分となった。

仙台育英・佐々木監督が学校も退職、既に退任表明も
日刊スポーツ

複数の硬式野球部員による飲酒、喫煙行為が発覚した仙台育英(宮城)の佐々木順一朗監督(58)が退職することが19日、分かった。

10日の会見で来年1月1日付の退任を表明していたが、春夏19度甲子園に導いた東北きっての名将は、仙台育英を去ることになった。

またこの日、日本学生野球協会が都内で審査室会議を開き、同校の12月5日から来年6月4日までの6カ月間の対外試合禁止処分を発表した。

同校の報告書によると、飲酒、喫煙は3月から11月にかけて合計8回、3年生部員5人と2年生部員4人が寮内などで行われていた。関わった部員9人は既に退部している。日本高野連・常本明審議委員長(68)は「名門校が県内の学校に及ぼす影響は大きい。体質改善し、名門が復活することを日本高野連としては願っています」と話した。

【スポンサードリンク】