【高校野球】夏の静岡大会2018|試合速報・結果|組み合わせ日程<更新中>

静岡大会 試合予定・速報結果

試合予定・結果は以下のとおり。

7月27日(金)に決勝戦!

7月24日
準々決勝
静岡商 – 常葉大菊川
浜松城北工 – 浜松修学舎
島田商 – 静岡市立
掛川西 – 飛龍

7月22日
4回戦
常葉大菊川 16-2 袋井(5)
浜松修学舎 3-2 相良
静岡商 6-3 日大三島
飛龍 8-6 静岡
掛川西 3-0 湖西
吉原 3-4 浜松城北工
静岡市立 6-3 知徳
島田商 5-3 浜松大平台

7月21日
3回戦
吉原 5-3 浜松湖北
常葉大菊川 7-0 清水西(7)
静岡市立 5-4 科学技術(10)
日大三島 9-5 東海大静岡翔洋
静岡 5-3 常葉大橘
浜松城北工 2-1 焼津水産
島田商 7-5 浜松工
浜松修学舎 5-4 三島南(10)
掛川西 8-1 浜名(7)
静岡商 12-0 富士市立(5)
湖西 4-1 加藤学園
富士東 2-7 相良
磐田南 3-5 袋井
浜松大平台 5-4 浜松湖東
浜松開誠館 5-6 飛龍
静岡学園 3-8 知徳


「スポンサーリンク」


7月16日
2回戦
静岡 17-0 沼津城北(5)
島田商 4-1 富士
湖西 5-4 吉原工
加藤学園 4-2 浜松西
浜名 7-1 沼津東
掛川西 5-1 掛川東
静岡東 1-7 知徳
磐田東 4-6 浜松開誠館
浜松大平台 3-1 韮山
科学技術 8-7 静清
池新田 1-8 常葉大橘(7)
浜松湖東 9-0 遠江総合(7)
静岡市立 9-2 誠恵(8)
静岡学園 12-3 藤枝北(7)
飛龍 4-3 天竜
磐田西 3-9 浜松工

7月15日
2回戦
富士市立 5-1 榛原
浜松修学舎 3-0 市沼津
静岡商 3-0 浜松北
東海大静岡翔洋 7-0 浜松市立(7)
磐田南 5-0 焼津中央
吉原 3-2 島田樟誠
清水桜が丘 3-6 常葉大菊川
浜松城北工 9-6 静岡西
三島南 7-0 清水東(7)
静岡大成 2-3 富士東
相良 6-5 三島北
浜松日体 0-2 袋井
沼津高専 1-7 清水西
伊豆中央 2-3 浜松湖北
藤枝明誠 4-5 日大三島(11)
焼津水産 9-7 浜松学院(12)

7月14日
常葉大橘 16-9 小笠(7)
科学技術 7-2 藤枝東
湖西 7-3 浜松商
富士 4-2 御殿場南
飛龍 7-0 桐陽(7)
藤枝北 3-0 富岳館
浜松東 2-3 磐田西
静清 7-0 浜松江之島(8)
駿河総合 3-4 浜松工
藤枝西 8-9 池新田(10)
浜名 17-0 浜北西(5)
静岡東 7-5 磐田北
御殿場西 3-6 浜松湖東
新居 1-3 沼津城北
静岡学園 5-2 伊東
掛川東 6-2 城南静岡
誠恵 8-4 下田
天竜 15-0 浜松南(5)
浜松西 7-0 静岡農
沼津東 9-7 掛川工
浜松湖南 4-9 浜松開誠館
聖隷 4-5 韮山
浜松大平台 – 田方農

「スポンサーリンク」


7月8日
三島北 7-3 静岡北
伊豆中央 6-5 清流館(10)
静岡商 2-0 富士宮東
清水西 5-1 富士宮西
浜松市立 5-1 島田工
沼津工 0-11 相良(7)
裾野 0-6 富士東
袋井 7-4 横須賀
川根 1-2 榛原(10)
袋井商 4-5 浜松城北工(13)
清水東 10-0 伊東商(7)
三島南 7-0 菊川南陵(7)
浜松北 10-0 金谷(5)
富士宮北 3-9 磐田南
南伊豆 3-5 藤枝明誠
沼津高専 17-2 熱海(5)
御殿場 0-1 島田樟誠
焼津水産 8-2 佐久間
浜松日体 9-4 小山
オイスカ 3-6 浜松湖北
日大三島 3-2 島田
星陵 1-5 浜松修学舎
磐田農 2-11 浜松学院(7)

「スポンサーリンク」

組み合わせ日程

静岡県高野連ページを参照(天候関連)


「スポンサーリンク」

試合日程(開会式・決勝戦)

7月7日(土) 開幕
7月27日(金) 決勝

「スポンサーリンク」

静岡大会の展望・優勝候補

【A】有力校に挑む実力校

第2シードの東海大静岡翔洋、昨秋の県大会準優勝の常葉大菊川が有力だが、静岡商、藤枝明誠、日大三島などノーシードにも実力校がそろった。
東海大静岡翔洋の持ち味は強力打線。中軸も打てる主将田根が下位に座り、上位とつなぐ要になる。島田、久松、今村の投手陣を経験豊富な捕手貞岡がリードする。
常葉大菊川は、昨年からチームの中心だった選手が多い。投手陣は昨夏のエースの右腕漢人に加え、左腕榛村が成長し、二枚看板となった。静岡商の古屋は最速142キロの重い球が武器の県内有数の本格派右腕だ。
昨夏優勝の藤枝明誠、準優勝の日大三島、袋井、清水桜が丘にも上位を狙う力がある。

【B】市立沼津を追う各校

第3シードの市立沼津が一歩リード。第5シードの吉原のほか、ノーシードでは袋井商や浜松学院などが追う展開。
市立沼津は直球とスライダーを中心に組み立てる横山の冷静なマウンドさばきが光る。成長した服部、池田、後藤の継投も鍵になる。金子、井上が中心の打線は、相手に重圧を与える思い切りのいい振りが持ち味だ。
吉原は創部以来初のシード。制球力が持ち味の小林、保田両投手と強肩の捕手高橋が試合をつくる。
袋井商は、身長160センチと小柄だが、スライダーに切れがある山本を中心に守り勝つ。
2年主体の浜松学院、長打と機動力で相手をかきまわす三島南なども注目だ。

【C】シード校軸に混戦か

第4シードの島田商、第5シードの知徳が有力だが、ノーシードの静清、静岡市立も力があり、混戦が予想される。
島田商は1番を担う菊地の打撃センスが光り、下位でも好機を作り出せる。2年生エース小林は138キロの重い直球と切れのあるスライダーが武器。
知徳は切れのあるスプリットが持ち味の佐藤ら投手陣が充実している。打線は小技を使い、確実に得点するのが持ち味。強打者池下は一発に期待できる。
静清の田中優は最速138キロの直球に変化球を織り交ぜる。最高140キロの左腕臼井も控え、投手陣の層は厚い。
昨秋4強の静岡市立のほか、科学技術、聖隷クリストファーも上位を狙える。

【D】強豪校多い最激戦区

第1シード静岡が一歩リードするが、掛川西、常葉大橘、磐田東、湖西、浜松商など多くの強豪校がひしめき、最も激戦が予想されるブロック。
静岡は昨秋、今春と県内では公式戦負け無し。投手陣は、選抜大会で駒大苫小牧(北海道)を完封した右腕の春に加え、左腕鈴木翔が成長。打線は村松、斎藤来、成瀬を軸に機動力を使って得点を重ねる。
掛川西は140キロの速球を投げる本格派右腕川合が4番も打つ大黒柱。常葉大橘は1年秋から4番で正捕手の夏目が攻守の要だ。
プロ注目の右腕水野を擁する湖西と伝統校浜松商の対戦は1回戦屈指の注目カード。好投手がそろう磐田東のほか掛川東、飛龍、浜名も上位をうかがう。


「スポンサーリンク」


秋の静岡大会は9月15日(土)開幕

大会は、9月15日(土)~29日(土)の期間で開催される。また、秋の東海大会は、10月20日(土)~28日(日)の期間、三重県で開催される予定だ。

春季静岡大会は静岡が優勝!

 

5月6日(日)決勝・3位決定戦

三位決定戦 島田商 0-5 市立沼津
決勝戦 静岡 12-5 東海大静岡翔洋

「スポンサーリンク」

5月4日(金)準決勝

草薙球場
静岡 6-5 市立沼津
東海大静岡翔洋 10-6 島田商 12時半

「スポンサーリンク」

5月3日(木)の試合予定・準々決勝

準々決勝の開始時間を、雨が予想されるため、1時間遅らせると2日、発表した。
両球場とも第1試合は午前11時、第2試合は午後1時半の開始予定。
◇草薙
①知徳 2-4 静岡
②東海大静岡翔洋 2-0 常葉大菊川

◇清水庵原
①沼津市立 7-4 掛川西
②島田商 5-1 吉原

「スポンサーリンク」

4月29日(日)試合結果

掛川西 8 – 2 静清
知徳 10 – 2 聖隷クリストファー
島田商 6 – 4 小笠
吉原 3 – 1 袋井商
静岡 11 – 4 磐田東
常葉大菊川 4 – 1 桐陽
東海大静岡翔洋 6 – 5 飛龍
市立沼津 3 – 2 科学技術

「スポンサーリンク」

4月28日(土)の試合結果

静清 3 – 0 韮山
桐陽 8 – 2 藤枝明誠
小笠 3 – 1 御殿場西
磐田東 5 – 2 日大三島
科学技術 3 – 2 浜名
袋井商 7 – 4 島田
飛龍 5 – 4 菊川南陵
聖隷クリストファー10-0島田工
知徳 2 – 0 常葉大橘

「スポンサーリンク」

センバツでの静岡高校を振り返る

【選抜振り返り】静岡8強ならず 選抜高校野球3回戦

第90回選抜高校野球大会第7日は29日、甲子園球場で2、3回戦を行い、静岡は3回戦で東海大相模(神奈川)に1-8で敗れ、2015年以来の8強入りはならなかった。静岡は春翔一朗投手、鈴木翔也投手が粘り強くつないで終盤勝負に持ち込んだ。だが打線がつながらず、五回に小林晃輝左翼手の左前打を足掛かりに3四球を選んで1点を返すにとどまった。
▽3回戦
東海大相模(神奈川)
020200031―8
000010000―1
静岡         

「スポンサーリンク」

【スポンサードリンク】