【高校野球】長野招待試合:松商学園・佐久長聖が龍谷大平安と|6月16日(土)松本市野球場

【招待試合】松商学園・佐久長聖が龍谷大平安と|6月16日(土)松本市野球場

第100回大会の記念事業として、6月16日(土)に松本市野球場で、龍谷大平安(京都)との招待試合がある。午前10時から松商学園、午後1時からは佐久長聖が対戦。

試合結果

龍谷大平安6ー2松商学園

龍谷大平安6ー6佐久長聖


「スポンサーリンク」

招待試合の日時

6月16日(土)
10時から松商学園vs龍谷大平安
13時から佐久長聖vs龍谷大平安

招待試合の球場・入場料

松本市野球場
入場は無料

佐久長聖の戦力分析

17年秋季大会では、総合力からセンバツも有力視されていた佐久長聖。しかし県大会決勝、北信越大会1回戦とも1得点と打線が振るわずに失速した。これは、1年秋から4番捕手として攻守の要となってきた鈴木大河のけがによる離脱は大きかった。エース右腕、林虹太は試合ごとに安定感が増した。ここに2年生右腕・北畑玲央がもう一つの先発の柱になってくると投手陣に厚みが出てくる。

「スポンサーリンク」

松商学園の戦力分析

17年秋季大会では、松商学園は夏の甲子園帰りで始動が遅れたこともあり、秋の地区予選は6位ぎりぎりで突破。県大会で投打がかみ合い始め3位に入って北信越大会に進むと、県勢で唯一、初戦突破を果たした。注目は、直江大輔。身長183センチ、プロ注目の本格右腕は昨秋、圧巻の投球を披露した一方、もろい一面ものぞかせている。この夏、どこまで成長しているだろうか。上位打線は足もある。昨秋1年生ながら4番に抜てきされた山本健斗は勝負強い打撃で得点源となった。

【スポンサードリンク】