東海大菅生・松本健吾が亜細亜大学へ進学、丸刈りで入寮へ

東海大菅生・松本健吾が亜細亜大学へ進学、丸刈りで入寮へ

東海大菅生を夏の甲子園ベスト4に導いた松本健吾が亜細亜大学に進学し、ボーズ頭で入寮した。

「清宮のおかげで注目」東海大菅生・松本が亜大入寮

1/20(土) 21:16配信
日刊スポーツ

 東海大菅生(東京)松本健吾投手(3年)が20日、東都大学リーグの亜大の「日の出寮」に入寮した。昨夏の早実との西東京大会決勝では日本ハムに入団した清宮幸太郎内野手(18)を単打1本に封じ、早実に6-2で快勝。清宮から「絶対、勝ってこいよ」と激励され、甲子園では4強に進出した。

 「清宮のおかげで注目してもらえた。大学トップの環境に身を置き、成長したいです。4年間で力をつけて、プロに行って、次は三振を取りたいです」と意気込んだ。

【スポンサードリンク】