【ドラフト候補】日本文理・鈴木裕太が最速150キロ記録、「地元新潟に優勝旗を!」

【ドラフト候補】日本文理・鈴木裕太が最速150キロ記録、「地元新潟に優勝旗を!」

2018年春の春季新潟大会で、日本文理の鈴木裕太投手が、上越戦で150キロを記録した。2018年の高校野球界では最速レベルのスピードだ。

鈴木は「夏の甲子園で日本一になりたい。100回記念の大会で新潟に初めて優勝旗を持ち帰りたいです。最後の夏、悔いを残さないように思いっきりやりたいです」と語る。

この夏、日本文理の活躍に注目したい。

「スポンサーリンク」

鈴木裕太のプロフィール

新潟出身。新潟シニアで名を馳せた新潟県内屈指の本格右腕だ。

「4歳上の兄が野球をやっていて、その姿を見て小学2年生の時にチームに入りました。最初のポジションはサード」だったと語る。中学へ進み新潟シニアに進んだ。

四股ふみトレーニングで球速アップ

「中学2年から3年にかけての冬場の下半身メニューで、『四股ふみ』をやったんです。シニアの監督の知り合いの方で元力士の方がいらっしゃって、四股ふみをはじめ、力士の方がやっているトレーニングを教えてくれて。それで冬の時期に下半身を鍛えることを重点的にやったんですね。そうしたら球速がこれまでより10km/hくらい上がったんです。それを実感したのは、週末の練習で投げ込みをしたとき。土・日曜の2日間だけでキャッチャーミットのヒモが切れて、それ以降週1でミットを修理に出していました。あと、下半身が安定すると球速だけじゃなくて、コントロールもまとまりがでてきた。」

なぜ地元新潟の高校を選んだのか?

スポーツ紙のインタビューに、鈴木は「ありがたいことに県外のいろいろな高校からもお声がけいただきました。県外の強豪校も一瞬考えましたが、やっぱり地元で野球して、新潟県から日本一を経験したいという思いが大きかったので日本文理に進学しました。

まだ新潟は春の選抜、夏の甲子園含めて優勝したことないので。実家も日本文理から近くて身近な存在でしたし、新潟シニアの先輩もたくさん進学されているというのも大きかったですね。」と語る。

高校卒業後、プロへの願望はあると話すが、今は夏の甲子園での日本一が目標だ。

「スポンサーリンク」

日本文理の監督は鈴木崇監督に

鈴木監督は1997年に日本文理が夏の甲子園に初出場を果たした時の二塁手。31年指導した大井道夫前監督が退任するまで、コーチとして14年半支えた。

誰よりも知る名将が築き上げた「打の文理」の伝統を進化させ、「全国で対等に戦える力をつける」と意気込む。さらなるレベル向上に向け、選手に求めるのは「考える野球」だ。

 

【スポンサードリンク】