【試合レポート】帝京-八王子|春季東京大会2018年4月8日

【試合レポート】帝京-八王子|春季東京大会2018年4月8日

秋、背番号1をつけていた松澤海渡。元U15日本代表。投球フォームは完全に後ろを振り向くような動作が特徴だ。17年夏の夏大会直前の6月に体をひねり手元を見えにくくする「トルネード投法」にフォームを改造した。しかし、この春季大会ではエースの座にいない。帝京前田監督の方針なのであろう。ちなみに帝京では、元日本ハムの芝草宇宙氏が冬明けから指導に携わっている。

対する夏ベスト4の八王子高校は、安藤監督の息子・安藤が主将でチームを引っ張る。

「スポンサーリンク」

試合レポート

【スポンサードリンク】