【U18高校野球】侍ジャパン日本代表の監督に、前報徳学園・永田裕治氏

U18代表監督に前報徳学園・永田裕治氏

2018年9月初旬に宮崎県で開催予定の「BFA U-18アジア選手権」に出場する侍ジャパンU-18代表チームの監督に、報徳学園高校野球部前監督の永田裕治氏が就任する。

永田 裕治の略歴
1963年10月18日生まれ(54歳)。
報徳学園高校~中京大学卒。報徳学園高校3年時、1981年夏の第63回全国高等学校野球選手権大会において、右翼手として全国制覇。桜宮高校(大阪)コーチなどを経て、1990年に母校である報徳学園高校コーチ、1994年から同校の監督に就任。監督として春11回、夏7回甲子園に出場し、2002年春の第74回選抜高等学校野球大会で優勝している。

昨年春の第89回選抜高等学校野球大会(ベスト4進出)後に勇退し、現在、日本高等学校野球連盟技術・振興委員会委員を務める。

過去、
2004年の第21回AAA世界野球選手権大会(台湾)、
2005年の第6回アジアAAA野球選手権大会(韓国)で
高校日本代表チームのコーチを二度務めている。

【スポンサードリンク】